FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "車・バイク" の記事

原付スクーターに乗るのが怖い人は、超小型車がいいかもしれない



50万円以下で超小型車が販売されれば、買うかもしれない


近未来的なデザイン、超小型車が発進 2013年ヒット商品予想 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)




まず、超小型車の定義として、
□全長(3.4m以下)、全幅(1.48m以下)
□乗車定員は大人2人以下か、大人1人子供2人
□排気量は125cc以下
□高速道路や最高制限速度60キロを超える一般道路は走行不可


原付スクーターだと、雨の日には合羽を着て乗らなくちゃいけないし、路面も濡れてて滑る危険もある。
その反面、超小型車なら屋根もついているし、車輪も4本あるので、雨の中も安心して走行でき、滑って怪我をすることもない。


僕の妻は、自動車免許を持っているかが、20年来のペーパードライバー。

原付スクーターは転びそうで怖くて乗れない。
我が家にあるダイハツ・MOVEでさえ、どこかにぶつけそうで怖くて乗れないと言う。

こんな妻でも超小型車なら乗れそうだ。



超小型車を持つとコストはどうなんだろうか?

新規格なので、自動車税がどれくらいになるのか分からないけど、125cc以下の自動二輪車と同等なら年間1600円。
軽自動車が7200円ということを考えると、250cc以下の自動二輪車と同じ2400円強くらいかな。


動力は日産自動車の超小型車「ニューモビリティコンセプト」と同じように電気自動車(EV)がメインで、ガソリンエンジン車は生産しないかもしれない。
ガソリンを使わないEVなら、家庭用コンセント(100V)からバッテリーが充電できるならいいね。


電気自動車(EV)なら日産やホンダなどの大手メーカーじゃなくても、ベンチャーや中小企業でも設計・生産が出来るので、市場が伸び始めそうなら多様多種の超小型車が出てきて面白そうだ。


さら軽自動車より小さなサイズなので、駐車スペースも取られないし、小回りも効くので、都内を走るのにいいかもしれない。
月ぎめの駐車代も今の半分の値段になるならいいね。


これから目が離せない超小型車市場になることは確かだ。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



『乱横断あり』ってどんな警告だ!



『乱横断あり』って何を言いたいのか僕には分からない

a0027_000612.jpg


土曜日の朝、車で環状線を走っていると何か気になる電光掲示板が見えた。

『6時から8時 乱横断あり 前方注意』

僕はこの警告文を頭で読んで理解できなかった。
「乱」って何?

言葉のニュアンス的には、「朝散歩をしているご老人たちが集団で、横断歩道を無視して道路を横切る姿」を想像した。
ご老人たちじゃなくて、「小学1年生の集団が踊りながら横断歩道を無視して、道路を横切る姿」も想像した。

確かに、走りやすい環状線なので、車の速度は60キロ以上は出ている。
このスピードの中、縦横無人に老人や幼児が道路を横断してきたら、大事故につながる。

「乱横断」ほど危険なモノはないなと感じた。


『乱横断』って何?
なんて、下らない想像をしても知識にはならないので、『乱横断』を調べてみた。

乱横断防止!



本当に、横断歩道を無視して、道路を渡るご老人の多きこと。
命を無視しての自殺行為だと見るたびに思う。

この行為を『乱』と命名したことの乱暴さが面白い。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople





「電動アシスト自転車」販売好調で、バイクが売れなくなった!



電動アシスト自転車の販売が好調だ。
環境意識の高まりや健康志向に加え、東日本大震災後はガソリンが不要なことから移動手段として見直された。

By 産経新聞より

a0002_000987.jpg



東日本震災後から、僕の地域では電動アシスト自転車に乗っている主婦をよく見かける。

スポーツタイプの電動アシスト自転車も発売はされているが、圧倒的に主婦が多く、若者を含めて男の人が乗っている姿をほとんど目しない。
男の人の多くは電動アシスト自転車ではなくクロスバイクやロードバイクに乗っている姿を見る。

東日本震災以前から自転車ブームはすでに定着していたが、震災が追い風となり、さらに自転車ブームを通り越して、生活の一部となった感がある。

僕も少し離れた駅まで毎日、クロスバイクで通勤している。

向かい風でなかなか前に進まずにヘイコラ、ヘイコラとペダルを漕いでいる横を、何事もなく、電動アシスト自転車に乗っているおばさんに抜かされたときの残念感ったらない。
そのときばかりは、「アシスト欲しい!」って呟きながら、ペダルを漕いだ。

Raychell(レイチェル) 700Cシマノ6段変速クロスバイク [カゴ/前後フェンダー/Vブレーキ標準装備] ブラック CR-7006R



国内出荷台数ではバイクを上回り、二輪車市場の”主役”ともいえる。
国内電動アシスト自転車市場は6年から23年で約12倍に拡大。
これに対してバイクは縮小の一途をたどる。
現在はピーク時の8分の1程度。

23年の出荷台数は、バイクが40万5535台に対して、電動アシスト自転車は42万9569台となった。

By 産経新聞より 


今はバイクには乗っていないが、もとバイク乗りとしては悲しい現象だ。
僕が最後に乗っていたホンダCBR600F4はどこにいったのだろうか!?

阪神大震災の時に活躍したのがオフロードバイクだったと記憶している。
震災時は、悪路でも走れて、燃費の良いオフロードバイクが重宝されたこともある。

バイクの販売台数が減った理由としては、50ccのスクーターなどの原動機付き自転車なのではないか。
免許を持っていれば、スクーターにするか電動アシスト自転車にするか迷うはずだ。
「250ccのビックスクーターと電動アシスト自転車のどちらを買おうかな」なんて悩み人はいない。



我が家もカミさんが2駅近く離れた会社に通うことが決まり、電動アシスト自転車を買うことに決めた。
僕は、「電動アシスト自転車じゃなくて、スクーターを買えばいいじゃないか?」と言ったが、「ペーパードライバーだし、10年以上スクーターを乗ったことがないから、怖い!」と言う。

僕のカミさんのようにスクーターは怖いうえに、事故にあったら被害は大きいからイヤだと言って、電動アシスト自転車を買う人も多いのでは。

もうひとつ利点がある。
スクーターは二人乗りは禁止されているが、電動アシスト自転車には小さい子供が乗せられるような車種もある。
これらの点も主婦には好評なんだろう。





9月頃には電動アシスト自転車を購入する予定なので、インプレッション記事を書くのでお楽しみに。

では、良い自転車ライフを!






↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople




交通安全川柳コンテスト、入選作品を読んで、車を運転するときは気を引き締めよ。



社団法人東京指定自動車教習所協会は15日、第3回「交通安全」川柳コンテストの入選作品を発表した。同コンテストは春の全国交通安全運動の一環として、4月6日から5月6日にかけて「交通安全」をテーマに募集が行われ、全国から総数13,077句の作品が寄せられた。
「免許とは マナー含める 資格だよ」交通安全川柳コンテスト、入選作品発表 | ライフ | マイナビニュース



入選作品をじっくり読んでみる。

安全川柳


優秀賞作品はふたつとも自転車に対するものとは

近頃、自転車の事故が多発して問題視された。

それにより、自転車条例の動きが全国的に広がりを見せて、「道路交通法によると自転車は軽車両に属し自転車と同じ扱い」ということを初めて知った人もいるんじゃないのかな。

昨年の平成23年9月にチュートリアルの福田さんが、後輪ブレーキを装備していない自転車「ピストバイク」で走っていて、道路交通法違反で警察から違反を受けた件もあって、さらに自転車に対する厳しい目を向けられることになったと思う。


僕も毎日、最寄りの駅までクロスバイクで通勤しているので、時々ヒヤッとすることもある。

「ヤバい、雨が降りそうだな。」
「少し雨が降ってきたな。」
と思ったときは、基本的に自転車には乗らないようにしている。

雨の中でのブレーキの効きが俄然甘くなり、危険なので乗らないでいる。


僕が車を運転しているときに気をつけていること

事故


僕は仕事でほぼ毎日車を運転している。
なので、事故を起こすことも、事故にあうこともあるかもしれないという気持ちがある。

会社でも、朝礼時に車に関する安全スローガンを合唱してから仕事を始めている。

が、車の事故はなくならないし、減らない。
2、3月に1回はなにかしらの車の事故がある。


そんな僕が会社の車に乗るときにいつも意識していることがある。

・運転中わき見、よそ見をしない。

・運転しているときは、ハンズフリーでも携帯電話を使わない。ドライブモードする。

・無意味な車線変更をしない。

・スピードはださない。

・左折するときは、首をしっかり曲げてよく左脇を目で確認をしてから左折する。


僕は「事故を起こしたら、人生終わりだ」と思うようにして車を運転している。




↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople




ホンダ「スーパーカブ50」フルモデルチェンジしてなおかつ値段が下がった。これで日本一周を目指そう!



本田技研工業は17日、原付一種の二輪車「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジして、25日に発売すると発表した。価格は、従来モデルのカスタムタイプと比べて消費税込みで4万8,300円安く設定した、18万7,950円。
ホンダ、原付一種「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジして価格も低下 | ライフ | マイナビニュース

スーパーカブ

蕎麦屋や中華屋の配達バイクとして定番のスーパーカブ50がフルモデルチェンジ。
学生の頃、友達が新車のスーパーカブ50を自慢げに乗り回していた頃から何ひとつ変わらずいたと思っていたスーパーカブも進化しているんだ。

なんと今のスーパーカブ50は、
発進と変速でそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステム。
電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を搭載したエンジン。
エンジン始動が簡単なセルフ式スターター(キック式併設)。
など、大胆に地味に進化を遂げていた。

なんと言っても、スーパーカブ50の凄いところは、「燃費110.0km/L」
ハイブリットなんぞ負けていない、究極のエコバイク。

スーパーカブと犬


中古のホンダVT-スパーダを手に入れてから20年以上数台のバイクを乗り継いだけど、今でもスーパーカブ50に乗りたいという思いがある。

バイクを乗り始めた時からずっと『原付で日本一周をしたい』という夢・あこがれを抱き続けている。
それを実現するためのバイクは、古来より「スーパーカブ50」と決まっている。

そんな思いをバイク乗りではない人たちに感じさせてくれたのが「水曜どうでしょう」の「原付西日本制覇」だと思う。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople