QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「消費税率8%になった4月1日に何か買った?」「僕は飴と本を買った。」



消費税率8%になった今日

17年ぶりに消費税率が上がった今日、あなたは何を買った?
5%から8%に消費税率があがり、今日はモノを買うのに一瞬、躊躇するよね。


僕は、朝、駅構内のNEWDAYSで、のど飴を買った。
昨日までは、100円を払っていたのに、今日は103円払った。

1円玉が財布の中にないと、税込み103円の飴を買うときに、110円を出して、7円お釣りをもらうことになる。
財布の中は、1円玉だらけになりそうだ…。

さらに、会社帰りに書店に寄り、北大路公子さんの「枕もとに靴」を買った。
590円+8%税の支払い。
地味に財布の中を直撃する。


前日のブログでは、消費税率8%にあった生活の仕方に変えていかないと、時期に破綻するという話をしたのに、消費税率5%の生活とほぼ変わらないお金の使い方。


なぜ?お金を節約できないのか?
なぜ?お金を貯めることができないのか?

それは、お金に対する感覚が欠点だらけだからだ。
お金に対する感覚がいい加減で、同じ100円でも時と場合によって、軽く感じたり、重く感じたりと感覚的に価値が変わる。

例えば、汗水垂らして働いて得た3万円よりも、宝くじで幸運にもたまたま手には入った3万円とを比較すると、後者の方が大事に使わない。
3万円というお金は、それ以上でもそれ以下でもないのに…。

お金の価値はどんなときも変わることはない。
定期預金にも限らず、給料の振込口座のお金も、財布の中のお金も、クレジットカードの利用額も、臨時で入ったお金も、すべて同じように大切にするべきだ。


100円で買った飴と103円で買った飴は、同様の感覚の価値観で買ってしまったわけだ。
103円の飴は103円という価値(金銭価値)であると、しっかりと認識をする。
消費税率5%の時に買ったときの飴(100円)より、3円余分に支払った飴という認識を持つ。


お金の価値は、普遍的で心の状態により、モノの価値が変わることはない。









↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。