QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロードバイクを手に入れて、自転車生活が始まりそうな予感



ひょんなことから、格安で「アンカー」(anchor)のロードバイクを手に入れることに…

ひょんなことから、ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「アンカー」(anchor)のロードバイクを手に入れることになった。製品一覧|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

二人の子供がいる妻子持ちの僕にとって、そこそこ高額なロードバイクを手に入れる機会なんて、そうはない。
譲ってもらえる金額を聞いて、ふたつ返事。「ぜひ、譲ってください。」

これで、晴れて、ロードバイクのある生活がスタートしそうだ。

今回、譲ってもらう「アンカー」のロードバイクは、5年ほど前のモノで、フレームはアルミで、フロントはカーボンらしい。
30万円や50万円もする高額なロードバイクではなく、比較的初心者向けの14万円ほどのロードバイク。
これでも、僕にとっては、高嶺の花の存在。

なぜ?その人は、「アンカー」のロードバイクを僕に譲ったのか?**

その知り合いは、3年前ほどに大病を患い、毎日、15種類もの薬を飲んでいる。
薬の副作用により、時々頭がふらつくことがあるらしい。

そのような状況で、ロードバイクを乗ることは危険!

体調の改善を夢見て、2年ほどロードバイクを手放さず、自宅に大切に保管をしていた。
その知り合いの奥さんが、ロードバイクに乗るのは反対で、すぐにでも手放してほしいとお願いされたらしいのだ。

それなら、ということで、僕に話が来た。

格安で「アンカー」のロードバイクが手に入る機会と何かの縁でってことで、僕が譲り受けることにした。

必要なものを買わなくては、このロードバイクは楽しめない

消費税8%間近な時期に、憧れのロードバイクに乗るためには多少の出費をしなくてはならない。

譲ってもらえるロードバイクは、ノーマルペダルからビンディングペダルに変更しているので、僕が乗るためには、ノーマルペダルに取り替えて乗るのか、ビンディングシューズを買って乗るかだ。

通勤用にロードバイクを乗るわけじゃなく、スポーツとして純粋にロードバイクを乗るので、今回はビンディングシューズを買うことにする。


ロードバイクの本体の他に譲ってもらうえるものとして

□サイクルメーター
□ディスプレイ用スタンド
□本体に収納できる空気入れ
□通常の空気入れ
□ペダルを外す工具
□ビンディングペダル


それ以外に僕が買わなくてはいけないもの

□ビンディングシューズ
□クリート シマノのロード用クリートは3種類。その違いをご存知か?|自転車輪行ロードバイク ワールドサイクル
□ヘルメット
□グローブ
□パット付きサイクルパンツ
□フロントライト、テールランプ

譲り受ける知り合いと身長は同じなので、ロードバイク本体のフレームサイズは適用する 。
しかし、体型は違うので、ヘルメットもサイクルパンツもビンディングシューズも自分のサイズにあったものを選ばなければならい。
自分の体に直接身に付けるものなので、他人の身につけたものを使いたくはないという心理もあるのだが…。

今まで、クロスバイクを乗っていたので、フロントライト、テールランプだけは持っている。

ロードバイクを手に入れ、必要なモノを購入し、乗れる状態になったら、どのように生活の中にロードバイクを盛り込んでいくのかが今後課題になる。












↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。