QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Jazzを知りたいなら、「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」がおすすめ



「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」創刊!

高校以来、25年間、僕はハードロックとヘビィメタルを聞き続けている。
43歳になった今も、通勤中やランニング中に聴く音楽は、HR/HM(ハードロックとヘビィメタル)一色だ。

でも、ここ2年ほど、HR/HMだけでなくJazzも聴きたいという欲求が沸いてきた。
これは、年とともに、音楽の嗜好も変化してくるのか?
イヤ、嗜好の問題だけじゃない。


発端は、「菊池成孔の粋な夜電波」を聞き始めて、Jazzはビートの緩やかな、眠たくなる音楽だけじゃない、曲によっては、ハードロックよりも激しい音楽かもしれない、と思うようになった。


僕の周りにはJazzを聴く仲間はいない。

どんなアーティストの曲を聴けば、僕好みの曲に出会えるのか分からない。
どのアルバムを聴けば、Jazzの醍醐味を味わえるのか分からない。


だから、僕は「菊池成孔の粋な夜電波」の中で流れる曲を聴くだけで、とりあえず満足するようにしている。
でも、聴けば聴くほど、Jazzを知りたいという欲求が募る。


で、ここに来て、「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」が創刊された。「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」
題目は、「今さら聞けないJazzのことを全部。聴いて読むだけでJazzが身につく」。
まさに、Jazz大学のようなCDマガジンという触れ込み。



Jazz初心者が、伝説的なJazzミュージシャンたちを知り、曲を知り、歴史的背景を知り、Jazz独特の聴き方や楽しみ方が知れるCDマガジン。
これほど、Jazzを知るのに適した教本はないかもしれない。








↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。