QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女性がターゲットの「ほめ日記」を、43歳のオジサンがやってみる



「ほめ日記」の対象は女性だけ?

3月20日に放送した「午後のまりあーじゅ」で、「ほめ日記」の提唱者・手塚千砂子さんのお話を聞いて、いたく興味を持った 。
その想いをそのままに、当日の夜から「ほめ日記」を書き始めたほど。
その時のブログ記事はここ


放送中の山田まりやさんと手塚千砂子さんの会話のみで、「ほめ日記」を書き始めた。
独自解釈で、「ほめ日記」を書いていても、効果が表われないと、ただの無駄。
ここはキッチリと「ほめ日記」の書き方、効果を知るために、手塚千砂子さん著書の「自分で自分をほめるだけ、「ほめ日記」をつけると幸せになる!」を読んでみた。


表紙を見た瞬間、「この本は女性向きの本じゃないか?」「43歳のオジサンが読む本じゃないかも…」と不安 。読み進めているうちに、予想は的中、「新人OLから幼稚園児、小学校低学年を子供を持つ母親」向きの内容。


もしかして、「ほめ日記」の対象は女性だけで、男性は対象外?

ましては、43歳のオジサンは、問題外?


43歳のオジサンが「ほめ日記」をやってみる!

日常、気分よく、心も体もウキウキとしたい!、そんな思いを持ってもいいでしょう。

ここ10年、自己啓発に興味を持ち、「ちょっとした努力で、成功しないかな。」なんて甘い考えを持っている。
「自分を変えたい」「自己実現したい」という自己肯定感を高めて、人生力強く生きたいと思っている。

そんな自分を変えれる術を、「ほめ日記」に預けたい。
夢見がちな43歳のオジサンが、自己肯定感を高めるために、「ほめ日記」を書き続け、自分を変えれるかやってみる。


まず、「ほめ日記」のルール

ノートとペンを使って、手描きで書くと効果が上がる

僕は、字を書くのが苦手で、自分で書いた字が判別不可能なことが多々ある。
なので、Andloifスマートフォン+Evernoteで、「ほぼ日記」を書くことにした。

本の中で、「パソコンなどを使うと、前頭前夜の血流を悪くするらしい。」ので、おすすめできないと書いている。

ノート+ペンよりも、常に持ち歩いているスマートフォンなら、どこでもいつでも「ほめ日記」を書くことが出来、挫折することなく、長く続けられる。


必ず、ほめる言い方で書く

たった、それだけのルール。

じゃどんなことを書けばいいの?
何について、自分をほめればいいの? ってことだ。

□行動や仕事をほめる。
□自分の内面をほめる。
□自分が思っていることや夢、希望をほめる。
□やらなかったことをほめる。
□努力していることをほめる。


さらに、ほめ言葉ってどんだけある?
マンネリに、「僕ってえらい。」「僕ってすごい。」だけじゃ、飽きてしまう。

なら、もっと自分をほめる言葉ってどれだけある?

ステキ
優しいね
努力しているわ
立派だよ
うまいうまい
がんばっているね
慎重だね
強いね
なかなかやるね
大人だね
いい感じ
輝いているね
上手だね
いい感性ね
よくできた
心が広いね
頭がいいね
成長しているよ
すばらしいよ
しっかりしているね
勇気あるよね
すごい
前向きだね
おおらかだね
ここまでできれば充分


独自に「ほめ日記」を書いて、5日目。
まだ、自分の心に変化は見られない。











↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。