QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ストレスチェックの結果、意外な事実を知る



労働者の6割がストレスを感じている現在、僕も強いストレスが!

会社でおこなった「ストレスチェック」アンケートの結果が自宅に郵送されてきた。
「多少、ストレスは感じているけど、深刻なことはないよね。」
なんて思っていたら、意外な結果に軽くショックを受ける。


昨今のストレス社会に際して、

年功制の廃止、成果主義の導入、人員削減による労働負担の増大や雇用の不安定化など、僕ら労働者の取り巻く環境が変化してきた。
余裕のない社会の中で、6割近い労働者が仕事や職場生活に関して、強いストレスを感じている。

その環境下で、心の健康問題を抱える労働者の割合は増加し、自殺する人が増加。
2012年には、3万人を超える自殺者。
その中で、仕事に起因するストレスや過労に起因するうつ病などの「心の病」を発病し、自殺に至る。

このような背景の中、労働者のメンタルヘルスケアが求められるようになり、事業者がメンタルヘルスケアの重要性を認識し、対策に取り組みだした。  

メンタルヘルスケアの取り組みの中で、僕の勤め先も個人個人に「ストレスチェック」アンケートが回ってきた。
従業員のプライベートの観点から、アンケートの結果は、自宅のポストに投函された。



自分でも思っていなかった結果に軽くショックをうけた。

ストレスレベルの結果がこれだ!(レベルとその横にはコメントが記されている。)

○仕事上へのストレス…やや高い。
○身体的ストレス…低い
○疲労…高い
○精神的ストレス…高い
○抑うつ…やや高い

という結果。


自分なりの結果に対するコメントとして、

人と深く関わることがストレスの原因かなと。

アンケートのコメントには、

「精神的なストレス要因による注意信号がかなり現れている。」
「ストレスがこのまま続くと、うつ病や心身症にかかるおそれがある。」

「最新、かなり強い疲労を自覚している。」
「ここ最近のあなたは、軽い抑うつ症状がうかがえる。」

と。


去年の4月に、本社勤務となり、部長、事業部長の顔が見える中での勤務。
さらに、4人チームとなり、僕が後輩を教える立場となり、チームのまとめ役。
まとめ役ともなれば、何を発言したり、会議の進行も務めるようにもなる。

いままで、チームで仕事をしたことがなく、ひとりで現場をたんたんと起こせばよかった。
これが性に合っていた。

チームの誰かと協力して仕事をやることにストレスを感じ、チームの誰かと一緒に行動することにストレスを感じる。
ひとりで仕事をやらしてくれと、切に思う。

一緒にいれば、必要以上に話しかけられる。毎日顔を合わせている人たちと、意味のない、他愛のない会話をするのが好きじゃない。
刺激のないただのおしゃべりはいらない。

だからといって人と話すことが嫌いじゃない。
お客様や関連企業の人、取引先の人などと、仕事に関する会話は楽しい。


仕事自体によるストレスではなく、会社の人と付き合うことに疲れ、ストレスを感じている。

協調性がなく、会社員に向いていないことを再認識した結果。








↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。