QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




自主的に練習をさせたら、自転車が乗れるようになった長女



自転車に乗れるまで、練習につきあってはダメ

長女が小学一年生になった頃に、補助輪を外して、自転車の練習スタート。
ほぼ、一年かけて、どうにか長女は自転車に乗れるようになった。

当初は、最初から最後(自転車に乗れる)まで父親である僕がつき合うことになるハズだったが…。
やはり、本人の「自転車の乗ってやるぞ!」という思いが強くないと、自転車は乗れないんだなと知る。


当初、長女が自転車に乗れるようになるまでのプロセスは、

①補助輪なしの自転車に慣れさせるために、ペダルを漕がないで、足で地面を蹴って、走る。

②慣れたら、僕が自転車のハンドルの先端を両手で持って、自転車を押す。
 ハンドルで自転車のバランスを取ることを覚えさせる。

③今度は、自らペダルを漕がせる。

④さらに慣れたら、ハンドルの先端じゃなくて、娘の手首を握り、自らペダルを漕がせる。

⑤さらに慣れたら、娘の腕を握り、ペダルを漕がせる。

⑥徐々に、腕→肩に移動し、片手だけで肩を支えて、ペダルを漕がせる。

ここまで出来れば、最初から自らペダルを漕がせるようにさせる。


どうも、上手にペダルを漕げるようにならなかった。

自転車が停止している状態で、片方のペダルを上に上げて、片足でペダルを踏み込む。
ペダルが回転している状態で、もう片方の足をペダルに乗せる。

この片方の足がうまくペダルに乗せられないから、バランスを崩して、足を地面に付けてしまう。

何度教えても、うまくペダルに足が乗らずに、ペダルを回転させることが出来ない。
半ベソをかきながら、自転車にヤツあたりをする娘。


僕が、娘の叩いて終わるというパターン

毎回、僕がかっとなり、「やりたくないなら、やらなくていい!」と娘を怒鳴り、頭をポカッと叩いて終わる。

それを練習するたびに、「僕が叩いて、娘が泣く」パターンを繰り返し、いつしか僕と娘が自転車の練習をすることがなくなった…。



ひとりで公園で自転車の練習をするようにしたら…

4歳の妹を連れて、近所の公園で練習をするようになって、自然に自転車に乗れるようになった。
それも、2日目で自転車に乗れるようになった。


自転車に乗れるキッカケとテクニックは教えたが、本人が自転車に乗りたいという強い思いを持たせることが、僕には出来なかった。

父親が目の前で見ているという緊張感と怒られる・叩かれるという緊張感の中で、本来の力が出せずいた。
今回は、父親からのプレッシャーを感じることなく、楽しく自転車の練習が出来た結果だろう。


子供の潜在能力を信じ、物事をやるキッカケさせ子供に与えたら、あとは自らやらしてみる。
少しでも出来たらホメ、けして焦らせずに、楽しく物事をやらせるようにし向ける。
子供の好奇心をくすぐり、自ら楽しく、やらせることが上達の早道だ。









↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople






関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。