QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んだ本を深く頭に記憶する方法:GALAXY Note IIで自炊した本や購入した電子書籍を読むのがベスト①



電子書籍リーダーkobo gloは、本を読むのにベストだけど、繰り返し読みにはベストではない

記憶にとどめておきたい文書や仕事やプライベートに役立ちそうな文書を巡りあった時、どうする?

電子書籍リーダーkobo gloなら、画面の右端をクリックすると、しおりが付き、あとからこのページを読み返せる。
さらに、しおりをつけたページにコメントを書き込める。

以外に便利そうな機能だけど、記憶にとどめるには役に立たない。

本を深く読むってことは、「役立つこと」や「タメになること」を記憶にとどめて、実際に行動に移すことが重要。
記憶にとどめる方法は、ひとつしかない。何度も同じ箇所を読んで、記憶をする。


しおりをつけた「役立つこと」や「タメになること」箇所を、何度も読むのに、電子書籍リーダーkobo gloのしおり機能は役に立たない。  

 当たり前のことだが、書籍ごとに、しおりがつく。
読み返すには、「書籍を選択→メニュー→書き込み→しおりをクリック」とひとつのページを表示するのに、手間がかかる。

なんと言っても、しおりをつけまくった書籍を読み終えると、しおりが消去される。
繰り返し読みことに関して、このしおり機能は役に立たないのだ。

さらに、同期をしても、koboディスクトップにしおりや書き込みがセーブさえされないので、本を読んでいる最中だけのその場限りの機能にしかなっていない。

電子書籍リーダーkobo gloは、本を読むのにベストなガジェットだが、繰り返し読み、記憶するにには向かない。


では、自炊した本や購入した電子書籍を読み返すのにベストなやり方ってなんだろうか?
次回、それについて、僕なりのやり方を書いてみる。











↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。