QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




悲しい出来事…



同僚が会社で不正を働いた

この話を聞いたときの悲しみはなかった。
(ブログに会社の恥部を書くことなんてないんじゃないかと思ったが、自分のためのログしておく。)


なぜ、同僚は不正を働いたんだろうか?

数十万円のお金のために、信用を失い、ヘタをすれば会社をクビになり、ヘタをすれば家族まで失う。
たった数十万円のお金のために、人生を失うことになると、同僚は気づかなかったのか?


事業所は違うが、半年ほど、同じプロジェクトで仕事をしたことがある。
他人に対して厳しいことを言うが、職場を盛り上げ、明るい雰囲気にするムードメーカー。


なぜ?彼は不正を働いたんだろうか?

お酒を飲むのが好きで、週に何回か外に飲みに行く。
そのたびに、「お金がない。」と言っていたらしい。
飲み代を稼ぐために、不正をしてしまったのかも。


・会社から支給されて定期代を懐に入れ、上長の許可を得ず、社用車で通勤。
・業者さんから数万円のリベートを要求し、懐に入れた。

実に、馬鹿らしい話だ。

定期代を着服して、自分の欲求を満たす。
もっと欲求を満たすために、業者さんからリベートをもらう。


なぜ?彼の不正がバレたのだろうか?

たぶん、彼の近くにいた同僚が不正に気づき、パワハラなどを相談を受け付ける部門に密告し、彼の不正が発覚した。

甘い話かもしれないが、密告した同僚は、直接、彼にやめるように助言しなかったんだろうか?
彼は同僚の話を真剣に耳を傾け、不正をやめたはずだ。

だからと言って、密告した同僚を責めるのかお門違いだ。
どう考えても、不正を働いた彼が悪い。

でも、会社にバレる前に、不正をくい止めることは出来のかもしれない。
何年も一緒に仕事をしてきたハズなのに、互いの信頼関係を築けず、関係が希薄になり、相手のミスに陰で一喜一憂している現状を無視できない。


本当に残念な出来事で、悲しい…。

そんな彼が、会社の処分が決定するまで、僕の隣の机に座っている…。









↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。