QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不安を沈めるための本の読み方もある:「処方せん」的読書術を読んで



不安、ストレス解消に本を読む

本を読むということはどんなこと?

「学校の勉強のため」「資格取得のため」「仕事に役立てるため」「投資に役立てるため」「将来につなげるため」と本から得た知識を、行動に移して、変化するために本を読む人が大半だろう。

自分に役立つために、本を読む。
役立てなければ、本を読むなんて、時間の無駄だという考えもある。

でも、本は知識を得るためのものだけじゃない。



メンタルが豆腐のような僕…

現代は、力強く生き抜くために、必要な「心の強さ」、「折れない心」を持つことが必要だ。
でも、僕のようにメンタルが豆腐のような、弱い心を持った人間もいる。

僕なんて、仕事で少しでも失敗すれば、次の日も引きずり、「会社なんて行きたくないなぁ…」なんて思うこともしばしある。

他人に何とも言われようが、「へっちゃら」で、「自分のやりたいように仕事をするだけさ」なんていうスタイルを人に見せても、「陰で何を言われているか心配」で心を病むこともある。

でも、そんな豆腐のようなメンタルを引きづったまま、まともに生活なんて出来やしない。
少しでも、沈んだ心を癒すために、僕は本を読んでいる。


日常の不安を紛らすために、どのような本を読めばいいかを提示してくれる本書「処方せん的読書術」だ。

まず、どんなときに、本を読むのか?

・人間関係がうまくいかなかったとき
・仕事にミスで落ち込んだとき
・気持ちが折れて諦めそうになったとき
・将来の不安に襲われたとき
・仕事から逃げ出したくなったとき

という心の不安を感じたときだ。


不安からダメな自分を叱咤するために、役に立つ本を読むことは、精神的に良くない。

「人としての成長」「正しい生き方」なんていう、世間で言う「名著」なんて読む必要はない。
「役に立ついい本」は読まない方がいい。


そういう時には、「不安が癒される」ために、「他人の不幸を楽しむ」本がいい。

自分より劣っている人、弱い人、不幸な人を見ていると気持ちがいい、楽しい気分になるというのは、人間の生理なので、「他人の不幸を楽しんでいる自分が恥ずかしい」とは思わず、心が癒されるなら、いい。
自分に一人で楽しむなら、誰の迷惑にもならない。


で、僕が「他人の不幸は密の味」的な本をセレクトすると

・ルポ虐待 大阪二児置き去り死事件
・貧困の現場
・情熱チャンジャリータ
・ルポ 児童虐待
・こんな夜更けにバナナかよ
・ドキュメント 高校中退
・困っている人
・生きさせろ!
・声をなくして
・ブラック企業

などなど。
「自分より不幸な人を見て、安心する。」という本の読み方もあり。


と、本書は、知識を得るための読書術じゃなく、「不安を沈めるための読書術」を詳細していている珍しい本。
とにかく、不安を抱えているけど、お酒も飲めない、友達もいない、インドアな人に、本を読んで少しでも元気になる術が書かれている。










↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。