QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




走り始めて3キロで、膝に痛みが走る! 体幹の鍛えが不十分なのか?



シクシクと膝が痛むのは、体幹をうまく使っていないからだ

土曜に続いて、日曜の今日もランニングしたけど、3キロ地点から膝がシクシクと痛み出した。

膝の痛みをたえながら、500メートルほど走っては、立ち止まる。
ストレッチして痛みを緩和して、また走り出しは、立ち止まる。
これを何度か繰り返しながら、1時間経過。
走行距離は、8,38キロ。


時々、走っていて、膝がシクシクと痛くなることがある。なぜだ?

理由として、

「着地の時に地面の反力をうまく得られない。
膝で着地の衝撃で一度体が沈み、そして蹴るという動作に移る。
この一歩一歩の負担が大きくなり、靱帯が炎症を起こす。」

ことらしい。

それは、体幹の使い方に問題があるからだ。

一歩一歩の着地のたびに、体が沈んだりして、膝に負担がかかるのは、走るための体幹が使えていないからだ。
体感を使って走れば、地面に着地している時間が短くなり、膝に負担をかけずに地面の反力で走ることが出来る。

平日、朝起きて、15分ほど「走るためのストレッチ」に「走るために必要な体幹を鍛えるためのトレーニング」をしているのに、なぜ膝が痛むのか。

考えてみれば、休日のランニングの日は、ストレッチもトレーニングもしていない。
朝起きて、洗面し、軽く栄養を採って、走りにいく。
筋肉も温まっていないし、体幹も目覚めていない状況で、走る。
これが原因で膝を痛める時があるのか?

ほかに原因があるとすれば、ランニングを始めた頃に、ABCマートで買った3980円のアディダスのランニングシューズが、膝に負担をかけているのか?

衝撃吸収性の高く、思わず走り出したくなる1万円前後のランニングシューズを買おう!










↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。