QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紙の手帳のような使い心地を手から感じるGALAXY Note II



モレスキンの手帳を持っているようなサイズ感がいい!

一時、スケジュール帳にモレスキンの「ダイアリー」を使っていた。
シンプルな手帳で、けして使い勝手がいいとは言えなかったが、手にしっくりと馴染む大きさと手触りと書き心地が最高だった。

GALAXY Note IIを手にとり、Sペンで文字を書いていると、モレスキンの「ダイアリー」をふと連想させる。
サイズ感が同じだから、そう感じるのかもしれない。

ちなみに、モレスキンのサイズは、160 × 90 × 16ミリ。
一方、GALAXY Note IIは、151 × 80 × 9.7ミリ。

DSCN1152.jpg

付属のフリップカバーを開き、Sペンを本体から抜いて、Sノートを起動させることと、モレスキンのノートブックを開いて、ゼブラボールペンで書く行為が似ている。

DSCN1155.jpg


DSCN1154.jpg


ほんと、GALAXY Note IIのコンセプトである「Noteする?」は、伊達なことじゃない。
Sペンを使って、手書きで文章を書いたり、幼稚園児のような落書きをしていると、「GALAXY Note IIは、ノートだよね。」と思うね。
Noteする?|GALAXY Note II(ギャラクシーノート2)|ドコモ スマートフォン

自分が得た情報を操ることが出来るGALAXY Note

多くのアンドロイドスマートフォンが販売されているけど、「ノートになるスマートフォン」、「手帳になるスマートフォン」と明確なコンプセプトがあり、実感させてスマートフォンは、GALAXY Noteしかないのかもしれない。
iPhoneは、使う人それぞれが抱くイメージにコンセプトを曖昧に明示させてくれる力を持っている。
けど、GALAXY Noteほど明確ではないので、iPhoneに失望する人はいる。

もっと、日々、GALAXY Noteをデジタルメモ帳・ノートとして、使っていく先には、紙のメモ帳・ノートでは実現できないモノになっていく。  

・メモリーが許す範囲に、増殖できるメモ。
・数百枚のメモの中から、検索して自分が欲しい情報が手に入る。
・数百枚のメモを一度に持ち運びでき、重さも変わらない。


書いたメモが、いつでもどこでも、自分の手のひらにあるというのは、感動である。
これが、自分の実生活の中でどのような変化をもたらすのか?
それともただ、デジタル情報の波に踊らさられて、なんの役にも立たないのか?

まだまだ、僕は、手にした情報、自分で得て書きだした情報を、どのように使っていけばいいのか明確に見えていない。

そのことを検証できるGALAXY Noteだと思う。


↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。