QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




偶然、本屋で見つけた「私立探偵 濱マイク DVD BOOK」を迷わず購入



ハードボイルドと横浜を愛する人に見てほしい「濱マイク」

偶然、「私立探偵 濱マイク」DVD BOOKを近所の本屋で見つけた瞬間、「やっと、濱マイクに巡り会えた。」と口元が微笑んでしまった。

実のところ、1年前まで「濱マイク」の存在を知らなかった。
これまた偶然、伊勢佐木町を歩いているときに、とある映画館の前で「濱マイク」のポスターを見て、存在を知った。


「私立探偵 濱マイク」は、1993年に林海象さんが脚本、監督で、劇場公開された。
3本の劇場映画から始まり、2002年に日本テレビ系で、全12話テレビ放送された。
私立探偵 濱マイク

テレビ版は、毎話ごとに監督が違い、テレビドラマとは思えないシネマチックな演出と映像美が話題となり、いまだに熱烈なファンが多い。
キャスティングの豪華さも、目を見張る。

主役の永瀬正敏、妹役の中島美嘉と筆頭に、さらなる豪華俳優人たち…菅野美穂、泉谷しげる、UA、伊武雅人、富田康子、窪塚洋介、大塚寧々、小林薫などなど。

今じゃ考えられない俳優群。(もしかして、二度ないかも…)



私立探偵 濱マイクに対する思い

1年前まで「濱マイク」の存在を知らない僕は、いままで1話しか見たことがない。
それは、浅野忠信がキャスティングされた第10話「1分間700円」。

「かっこいい。これこそハードボイルドの世界だ。」と、数年ぶりにハードボイルドの血が騒いだ。

20年以上、ハードボイルド小説を読み続け、43歳のおっさんになった今でも「ハードボイルドの世界」に強い憧れを抱き続けている。

レイモンド・チャンドラーの「さらば愛しき女よ」からハードボイルドの世界に入り、「深夜プラスワン」、「血の収穫」…などなど外国のハードボイルド小説から「探偵はバーにいる(ススキの私立探偵シリーズ)」へとシフトし、「濱マイク」に巡り会った。


購入したDVD BOOKは全3巻。
1巻ごと4話分。3巻で全12話テレビシリーズが収められている。

今日から、寝る前のひととき、1話ずつ見ていこうかと思う。












↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。