QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




43歳の妻が足を挫く:運動不足が原因かもね



バスの乗り口の階段で足を挫くという失態(苦笑)

日々の運動不足を感じさせた出来事。

仕事先に向かう途中。
バスの乗降口の階段を1段登り、2段目に足をかけた瞬間、バランスを崩す。
体が後ろに倒れ、右足首を挫く。

痛さを我慢しつつ、仕事をこなして妻。

右足を引きずりながら、自宅近所の整形外科に向かう。
診断は、捻挫じゃなくて、筋を痛めるという結果。

右足を引きずりながら、ゆっくりと歩く妻を見て、「運動不足だな。」とつぶやいた。


40歳を過ぎて、対策をしないともっと大変なことになる

前回、老いを感じるとき…ロコモ症候群を予防しよう!!という記事を書いた。
骨や筋肉、関節など体を動かすために必要な「運動器」は加齢によりその働きが衰えるため、歩く、立つなどの移動能力が衰える。
この衰えを予防しないと、将来、自立歩行が困難になり、要介護状態になる。

40台以上の男女、5人に4人もロコモ症候群の予備軍らしい。
筋力の低下、運動バランスの低下から、ロコモ症候群になる。
メタボより怖いのは「ロコモ」!? 40代からの対策で“大きな差”

将来、ロコモ症候群になって要介護状態になる前に、運動バランスの低下により、転びやすくなり、足首を捻挫したり、骨折したりする可能性が出てくる。
運動バランスの低下によって、日常生活を営む中で、危険にあう可能性が高くなる。

「家事や仕事が忙しくて、運動する時間なんてないよ。」なんて言ってられない。
ここで予防をしていかないと、近い将来また同じ危険にあうことになるんだから…。


妻が日常、運動する時間を捻出せねばならい。
まずは、妻の日々のスケジュールの見直しをし、1日、15分程度、運動する時間を割り当てる。
と同時に、旦那である僕が、妻が運動できるように時間の調整とバックアップをしていかなくてはならない。

妻がこれからも病気もせず、怪我もせずに、元気でいられることが大事だ。




↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。