QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




AspireOne AOA150に導入したLinuxmintを捨てて、Lubuntuに移行



いまいち軽快さにかけるLinuxmint

medium_57002123.jpg


Windows7からLinuxにブログ環境を移行して、早1ヶ月半。
押入に眠っていたAspireOne AOA150を引っ張り出し、使い勝手も良く、軽量と評判なLinuxディストリビューション「Linuxmint」を導入。

ブログ執筆環境をWindows7からLinuxに移行したが、導入したときの不安、使っている中での不満もほとんど感じず。
今、流行の「Ubuntu」ベースのLinuxディストリビューションの使い勝手の良さとアプリケーションの豊富さに、すっかりLinuxの信者になってしまった。

でも、インテルAtomにメモリ1GBのAOA150では、比較的軽量と言われているLinuxmintでは、少し重い。
やや、ストレスを感じる。

テキストエディター「gedit」やMarkdown対応エディター「ReText」で、文字を打ち込んでいるときは、軽快でストレスを感じない。
まさに、サクサクと文字が打てて、気持ちがいい。

しかし、ブログエディター「Bloglio」で、文字を打ち込んでいると、頻度に動作にもたつきを感じる。半呼吸引っかかる。

アプリの切り替えも、半呼吸引っかかりので、少しずつ、ストレスを感じ始めた。
そうはいっても、インテルAtomZ560搭載のVaioX+Windows7に比べたら、軽快だ。



Linuxmintよりも軽量なLubuntuに切り替えようかと…

Ubuntuベースは捨てきれない!
でも、Linuxmintには少しストレスを感じる!

ってことで、Linuxmintよりは軽量な「Lubuntu」をAspireOne AOA150に導入し直すことにした。

とにかく、LubuntuはUbuntuベースなので、いままで使ってきたアプリが使える。
なんといっても、とにかく軽量で、操作も快適らしい。
アプリの追加もGUI操作でOK。

LinuxmintからLubuntuに移行しても、操作の面で不満はなさそうだ。


ここまでくると、ブログ執筆環境はAspireOne AOA150+Linuxで十分かと思うようになってくるね。












↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。