QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




kobo gloを正式リリース前ながら、最新ファームウエア2.10.0にアップデート。Pocket対応は神かも



ファームウエア2.6.0から2.10.0にアップデート

楽天koboサイトでは正式リリースされていない最新ファームウエア2.10.0が海外のサイトでダウンロード出来るという情報をネットで発見。

なんと、「あとで読むでしょう。」、「いつか読むでしょう。」と気になるホームページやブログをのちにオフラインで読むことできる「Pocket」に対応。
ファームウエア2.10.0を適用すれば、いままで気になる情報を保存した多くのページを「kobo glo」で、読むことが出来る。

これは嬉しいアップテートだ。
自炊した書籍や楽天koboで購入した書籍やマンガだけじゃなくて、ホームページやブログの記事まで、「kobo glo」で読めるなんて、ますます、「kobo glo」を手放すことが出来ない。

まさに、情報を読むためのマストアイテムとなった「kobo glo」。



では、正式にリリースされていないファームウエアを適用するので、自己責任のもとで。

①まず、ここから、ファームウエア2.10.0をダウンロードする。
②ダウンロードしたら、解凍。

③kobo内蔵ストレージの直下にある「.kobo」フォルダの中に、解凍した下記をコピーすればOKです。PC/Macからアンマウントすると更新が開始される。





デバイス情報を開くと、「パージョン2.10.0」となっているのが分かる。





ユーザーIDとパスワードでログイン


Pocketのログインには、ブラウザが起動し、ログイン画面が表れる。
しかし、日本語環境では、ブラウザからユーザーIDとパスワードが入力できない。
ので、一時的に英語環境に移行し、ユーザーIDとパスワードを入力し、ログインする。


手順は、「設定」→「言語」→「English」を選択。
ログインできたら、言語を「日本語」戻る。


Pocketにログイン出来ると、画面にPocketの記事が表示され、左下の「ライブラリ」に、「Pocketの記事」というタブが表れる。




同期を行うと、いままでに登録されている記事が、kobo gloに取り込まれる。
下のように、記事の一覧が表示される。





記事の一つを選択すると、下のようになる。




いままでPocketで登録した記事が、kobo gloで読めるなんて、新鮮。

実は、Pocketが追加された時に、読んでいる本のページを保存してくれるなんて、期待してしまった。
単純に、スマートフォンやパソコンのブラウザで登録した記事を同期して、閲覧出来る機能しか持ち合わせていない。
オフラインで記事を読めるだけでも、十分だけどね。


Pocketの対応だけで、リーダーとしての役割の幅がグーと広がる機能だ。
早急に、正式なファームウエアの発表を期待する。




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。