QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




書評「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」の書評をしてみる



堀江貴文さんがどんな本を読んで、意外に役に立ったか知りたい


「書評の本を書評してみるっていうのは、どうだろうか?」と思うが、「ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく」を読んでから、堀江貴文さんがどんなことを考えているか知りたくなった。


10年以上前、堀江さんがライブドア代表取締役時代、バリバリ世間を言わせていた頃は、あまりにも自分と住む世界が違う人で、なんとなく毛嫌いをしていた。
そして、2006年、証券取引法違反の疑いで逮捕され、2011年に刑務所にて服役。

服役以降、僕は堀江さんの活動をネットなどのメディアを通じ、「逮捕され、服役しても、折れない人だ。」、「なんて活動的でバイタリティのある人なんだ。」と本来の堀江さんの姿を知り、「低迷している日本を元気にしてくれる人は、堀江さんしかいない」とまで、感じた。

それから、2013年に仮釈放になり、「ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく」が発行。
いち早く書店に駆け込み、読み、感慨を受けた。



で、本題に入ろう。

堀江さんは、「服役中、暇だから本を1000冊読んでいた。」わけじゃないことが分かる。
自分の糧になる、目的を持った読み方をする。
娯楽として本を読んでいるのじゃなくて、「実業家としての堀江貴文」という視点で、読んだ本の中から、「事業になるヒント」を得ていく。

だだ、単に1000冊闇雲に選んで、読んでいるわけでもない。
限られた時間、限られた本の数しか読めないんだから、読む本をしっかりと選んでいく。


堀江さんの本の探し方は、

・書評サイト「HONZ」
・新聞や雑誌の書評
・日経ビジネスの書評
・週刊アスキーの書評

から、面白そうな本を探して、読んでいる。
本好きな人が集まらないところから、本を探すのもあり。


堀江さんが好きな分野が、科学、生物、さらにロケットモノ。
科学、生物が好きなこともあるが、この分野は、事業になるヒントが眠っている。
ロケットモノは、堀江さんのライフワークとしてロケット打ち上げを事業としているので、自然とその分野の本に目が入る。


少し驚いたのが、意外にマンガの処方が多い。
堀江さんは、小さい頃は、あまり本を読まずに、アニメばかりを見ていた。
その中で、印象に残っていたアニメが、「王位宇宙軍 オネアミスの翼」…。


ただの書評として、この本を読みのではなく、僕は「堀江貴文さんがどんな本を読んで、どう考えて、役に立ったのか。」という部分を知るのはいい本だ。
あくまで、堀江貴文フリークとしての意見だが…





↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。