QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




クヨクヨ悩んでしまう心配性な僕:斉藤茂夫「心配グセをなおせばすべてが思いどおりになる」を読んで



なんでも先送りをしてしまうから、心配事がなくならない


人から「ぺい太郎さんって、悩みがなくていいね。」なんて言われることがあるけど、けして楽観的ではない。

本当は、小さなことをクヨクヨ悩んで、「先に待ち構えている現実を考えると、不安でしょうがない。」、日常。

基本的に、細かいことは気にしないようになった。
深く考えても、心配事ばかり増えてしまい、夜が眠れなくなってしまうからだ。

そう、仕事でも、私生活でも,自分の興味があること以外は、先送りをしてしまう。
先送りをしてしまうから、心配事のタネが減りもせず、増えていく。

だから、自分自身に暗示をかけて、「細かいことなんて気にしない。」「気にしなければ、心配事に頭を悩ますことはない。」と楽観的な人を演じている。


でも、それじゃ、何も改善しない。
自分自身を変えてこなければ、進歩もない。



なぜ?心配してしまうのか?


■やるべきことを怠る。

これが一番、心配事が頭にかすめることだ。

細かいことと思いながらも、心配し始めると、気が気でなくなる。
確認してみると、「ちゃんとやっていた。」ことも多い時もある。


■予測される「悪いこと」がある。

これから遭遇するであろう物事や人に対して、実態がわからず、恐怖感を覚える。
それも、勝手に「悪い方法に考えて」しまうから、見えない敵に怯えてしまう。

さらに、不安から、目的を見失ってしまっているので、何をしたらいいのかもわからなくなっている。


■自分自身の限界を決めてしまう。

自分に自信がないから、すぐに限界点に達してしまい、「自分には出来ない。」と思い込み、不安に怯える。
自信がないから、物事にチャレンジする勇気もなく、「出来なかったらどうしよう。」「僕には無理だ」と、やってもいないことに恐怖心を抱き、不安に陥る。



こう見ていると、

『心配してもムダなことに心配をしている。』ことに気づく。

ムダなエネルギーを浪費している。



ムダな「クヨクヨ」を克服する7つの習慣


■「過去は変えられず、未来はわからない」と思え。

■やってしまった失敗を認めて、対応策を考える。

■自分一人の力でどうにもならないことに悩むのではなく、自分が最大限に出来ることを考える。

■厳しい現実も、笑い話にしてしまえ!

■厳しい現実が変わらないなら、自分が変わればいい。

■変わることは怖い、だから、とりあえず、それを受け入れることだけを意識する。

■「いいな、いいな…」は不幸の口癖になるので、人に使うエネルギーを自分に使う。

■他人と比較しない。比較すると、自分の生き方が見えなくなる。


上記の7つの習慣をいつでも目に届くところに置いて、いらん心配事に陥ったときに、読んでみて、心を落ち着かせる。

これだけでも、クヨクヨ悩むことが減少するかもしれない。






↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。