QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




週末しかランニング出来ないと、走れない理由を考えてしまう



週末しか走れないという理由ばかりで、平日走ろうと努力しない僕


なんちゃら言ったって、平日に走れない理由(ワケ)を並べて、「平日に走らない」と決めつけているだけかもしれない。

5月にランニングを始めた時のルールは、
「平日は走らないで、土曜日や日曜日などの休日のみ走る。」ということ。
42年間スポーツなどしたことがない僕が、「走る」なんてハードルの高い目標を掲げるには、それなりの覚悟があってのことだ。


僕にとって、「走ること自体」高いハードルなので、少しは妥協しなくては、長くは続かないと悟った。
1ヶ月頑張って、10キロ走り続けることよりも、何ヶ月も何年も継続して2キロ走ることが重要。
そう、
「ずっと走り続ける」ことを目標としている。

この目標を達成するには、「平日は走らないで、土曜日や日曜日などの休日のみ走る。」ということだった。


5月から休日は、ほぼ休むことなくランニングを続けている。
休日に走ることが習慣となってきて、体力も幾分ついてきたと実感している。


近頃、走りながら、「平日も走ったほうがいいのではないか?」、「2キロ程度でもいいから平日も走ったほうがいいよな」などと思う。
でも、僕は、「平日は走ることは難しいな。朝も早いし、夜も9時頃帰宅だもんな。」と出来ない理由ばかり頭に浮かんでしまう。


今のままだと、確かに走る時間はない。
ここで、走るためには今の現状をどのように改善していき、走る時間を作る。という前向きな発想が思い浮かばない。
走る時間がないから、何かをやめて、時間を捻出するということを真剣に考えない。

ただ、出来ない理由を先に考えてしまうため、思考が中断され、走るためにはどうすればいいのかを考えない。


ここで「平日にランニングをするという考えを変えて、平日にランニングはしないけど、ランニングの代わりになることをやる。」という変化球的な発想を見つけようと思い始めた。


じゃ、具体的にはなんだよ。、ということは次回の記事で…。









↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。