QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




AOA150-Bbに導入したLinuxディストレビューション「Linuxmint」でのブログ執筆環境の構築



ブログエディターは「Blogilo」で決まり


マイクロソフトが無料で配布しているWindowsブログエディター「Windows Live Writer」によく似た機能を持つ「blogilo」をブログエディターとして選んだ。
「blogilo」は、多機能な WYSIWYG 編集機能や HTML エディターを搭載し、僕が使っているFC2ブログのスタイルで記事を表示するプレビュー画面も搭載している。


「Windows Live Writer」と大きく違うのが、プラグインによる機能拡張が出来ない点だ。
僕は今まで、「Windows Live Writer」のプラグインアプリにあるアマゾンアソシエイトの商品を検索し、アフィエイトリンクを作成するものをよく利用していた。このような便利なプラグイン機能を「blogilo」は搭載していない。
それ以外は、ほぼ「Windows Live Writer」と機能的に変わらないので、ヘルプやネットで使い方を検索しなくても、「blogilo」をインストールしたのちに、すぐに記事を書いて、投稿まで出来た。



「Linuxmint」でブログ執筆環境にするまでの手順

「Linuxmint」を導入した状態では、日本語で文字を入力できない。
なので、日本語入力が出来るように、アプリをインストールする必要がある。
「ソフトウエアの管理」から、「ibus-mozc」を検索して、かな漢字変換アプリの「mozc」をインストールする。

導入後、ログインしなおすと、mozcによる日本語入力が可能になる。


いよいよ、ブログエディター「blogilo」を導入してみる。
「ソフトウエアの管理」から、「blogilo」」を検索し、インストール。




今回は、僕が使用している「FC2ブログ」についての設定の仕方を説明する。

1)Blogを選択して 「ブログを追加」... を選択

2)Blog/Homepage URL: に http://blog.fc2.com/xmlrpc.php を入力

3)ユーザー名 と パスワード を登録

4)「自動設定」 を押すと、成功すれば、ブログ名が Title に表示される。

5)詳細タブでAPI を MovableType API として Fetch ボタンをクリック

6)OKで閉じる。

これで、「blogilo」から、FC2ブログへ、記事の投稿が出来るようになる。
僕は1エントリーを書き終えると、公開日時を入力し、「予約投稿」という形で記事を公開している。


「blogilo」で予約投稿のやり方を説明すると、

1)タイムスタンプを変更を選び、日時を入力する。
2)「submit」を選択し、「Save entry in drafts」にチェックを入れ、投稿する。
3)FC2サイトを開くと、「投稿区分」が「下書き」になっているので、それを「予約投稿」を選び、記事を保存する。

ようするに、「blogilo」では、予約投稿が出来ないので、「下書き」にて記事を投稿したのちに、FC2サイトで、極めて「下書き」を「予約投稿」に設定しなおすと言ったところだ。



「mozc」は、あまり変換は賢くはなく、「グーグル日本語入力」と比較すると、いまいち感はある。
でも、「blogilo」は、文章をガンガン書いていき、写真をワンポイントで飾る程度のブログなら、必要十分な機能を持っている。
動作も軽く、機能が絞られているので、使い勝手は悪くない。
それなら、Windowsを捨てて、Linuxだけで、ブログ執筆環境として、十分になりたつ。










↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。