QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Aspire One AOA150-Bbに最適なLinuxディストレビューション「Linuxmint」をインストールしてみる!



Vaio Xの代わりにAspire One AOA150-BwにLinuxを導入














前記事で書かせてもらったが、VaioXを手放すことを決意して、ヤフオクに出品中なので、自由に使えるパソコンがない状況。
VaioXが落札され、新しいパソコンを手に入れるまでしばらく時間がかかるだろう。


その間、ブログ執筆環境をスマートフォン+ポメラDM11Gというのは、どんなもんだろうと思い、フリーマーケットで手に入れた「Aspire One AOA150-Bb」を使うことに決めた。
自分の興味のないことには先送りがデフォルトなのに、自分のことになるとやることは素早い。


以前、「Aspire One AOA150-Bw」にLinuxディストリビューション「Ubuntu」をインストールして、ブログ執筆環境をVaio Xから移行としたが、何個かのキーが死んでることが分かりし、計画は頓挫。
で、今回、たまたまフリーマーケットで見つけて、手に入れた「Aspire One AOA150-Bb」を再びLinux化に挑戦。


前回、「AOA150-Bw」にインストールした「Ubuntu」の動作の重さを体験し、今回は、「Ubuntu」よりも軽快に動作するであろう「Linuxmint Cinnamon」を選択。


Main Page - Linux Mint



Linuxmint Cinnamonは、UbuntuベースのLinuxディストリビューション。ディスクトップ環境により、ぞれぞれのバージョンがある。ソフトウェアの追加は「ソフトウェアの管理」から簡単に出来る。


アイドル状態でのメモリー消費量も149MBと軽く、319MBも消費するUbuntuと比べて、半分。


前回、「AOA150-Bw」+「Ubuntu」の環境では、数個のアプリを同時に立ち上げてだけで、動作がモッサリとなり、メモリー1GBでは厳しかった。Vaio X+Windows7の環境とあまり変わらないモッサリ具合だったので、操作性、デザイン、使いやすさ、導入敷居の低さ、導入しやすさが同等なLinuxmintを選択した。



「Linuxmint Cinnamon」の導入は超簡単!


ビックリするぐらいに簡単にLinuxmint Cinnamonを導入できる。
Windows7を導入するくらいに簡単で、CDブースト出来るUSB接続のDVDドライブさえあれば、日本語さえ分かれば、「AOA150-Bb」に「Linuxmint Cinnamon」を導入できるほど。


これがフリーで誰でも使えるなんて、Linux環境を取り巻くオープンソース世界のスゴサとありがたみを感じる。





↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople



関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。