QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ポメラDM11Gのヒンジ破損に続き、「N」キーまでが吹っ飛ぶ!



僕のポメラDM11Gはどうしたんでしょうか?

毎週土曜日は、7歳になった長女がスイミングスクールに通っている間、近くのカフェショップ「ベローチェ」で時間をつぶす。

冬はブレンドコーヒーを、夏はアイスコーヒーを飲みつつポメラDM11Gで、ブログ記事を1本書き上げるのが、週1の
日課になっている。


先週の土曜日も、長女をスイミングスクールに送り、いつもの「ベローチェ」で、ブレンドコーヒーを頼み、いつもの席に座る。


さてと、ポメラDM11Gで開き、キーを叩いていると、「N」キーだけが反応が悪い。しっかりとしたキーを押した感触がなく、グニュとして感触。
「N」キーを見ると、他のキーよりもキートップが沈んで少し斜めになっている。


さらに、よく見てみると、「B」キーと「N」キーの間に、黒く四角い破片らしきものが見える。
「キーボードのヒンジが破損した時に、他に何か欠けたのか?」と、ポメラDM11Gの末路を案じてしまう。

「ポメラDM11G」が壊れてしまった! - モバイル天下百品





「N」キーを外し、再度組み立てOK

爪で「N」キーを外してみた。
キーとともに、中のメインブレン周りのパンタグラフも外れている。
どうも、黒い四角い破片が「N」キーの隙間に挟まり、変形して、キーからパンタグラフが外れたんだろう。


「一体、黒い四角い破片は何なんだ?」。
どこの部品が一部が壊れたのかは分からない。


ピンセットを使いパンタグラフを組み立て、「N」キーをはめ込んで、無事に直った。
何度か「N」キーを叩いてみたが、しっかりとキーが押せて、問題はない。


今回もどうにか、僕のポメラDM11Gはまたもや復活を継げた。
ここまでポメラDM11Gの不具合が連続すると、1万円を切ったDM20をアマゾンで購入しようかと考えてしまう。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。