QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




憂鬱な気分で朝を迎えることをやめよう!



素晴らしい気分で、1日をスタートしたい

Geen gehoor

はい、僕は最悪な気分で目覚めて、一日を憂鬱な気分でスタートする達人です。

世の中には、二つのタイプがいる。
朝起きたときに、さわやかな気分で一日をスタートする人と、憂鬱な気分で一日を呪うようにスタートする人。
僕は、完全に後者の人間だ。


前日、やり残して、先送りしてしまった仕事が心を悩まし、朝の目覚めを悪くする。
毎日、5時起床を心がけている。いままでより1時間も早く起きているのに、それよりも早い4時過ぎに布団の中で目覚てしまう。
半分眠りながら、半分覚醒した状態で、「今日は、あれもしなくちゃいけない。」、「あれをやって、これもやって…。」と悶々と、先送りしてしまった仕事の段取りに頭を悩ませながら、5時を向かえる毎日。


このような状態だから、朝の目覚めは最悪。
「あーあ、今日も憂鬱な一日が始まってしまう」とつぶやきながら布団から出る。
こんな憂鬱な気持ちで一日をスタートしたら、眠る頃に、「今日も最悪な一日だ。」と後悔をしながら一日が終わることになる。



こんな憂鬱な気持ちで一日をスタートしないように、爽やかな気分で一日をスタートする方法を実施してみた。

不快な目覚ましのベルじゃなくて、自分の好きな音楽で目覚めるようにした。
iPodTouchで、好きな音楽を目覚ましのベルに使うことにした。爽やかな音楽は憂鬱な気分を少しでも緩和してくれる。

②ぼんやりとした頭を覚醒するために、一杯の水を飲んで、顔を洗う。

③歯を磨いたあと、15分間の筋トレ。体が温かくなり、体内でエネルギーが充満してくる。
筋トレをして、心拍数が上がってくると、ネガティブな思考が、ポジティブな思考に切り替わっていく。

④筋トレのあと、続いて、家の掃除をする。
自分の意思で家の掃除をしているのではなく、家事の分担で掃除をしているだけだけどね。


目覚めてから、①から④の儀式を行うことで、憂鬱な気分で目覚めた朝を消し去り、「今日を新しい日を歓迎する」気持ちで一日をスタートを切る。


毎朝、憂鬱でしかめっ面をして目覚めるには人生はあまりに悲しい。
だから、少しの習慣で、人生を改善できることは改善して、毎朝を爽やかな気分で一日をスタートしたい!







↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。