QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




誰でも撃つことが出来る「ビームライフル」で「あぶない刑事」に気分



「あぶデカファン」だった俺

CP+ 2010 (SIGHTRON)

ゴルゴ13のディーク東郷に憧れるよりも、「あぶない刑事」に身も心もはまった世代のぺい一太郎。
高校生の頃に「あぶない刑事」が放送され、舘ひろしさんや柴田恭平さんの拳銃捌きに強く憧れた。
特に、舘ひろしさんが演じた「タカ」さんの斜に構えた銃の撃ち方に魅了され、バイトで貯めたお金でエアーガンを購入するまでに。


さらに、「あぶない刑事」ファンを集め、サバイバルゲームまでするようになった。
サバイバルゲームの参加者が10人以上になった時点から、「あぶない刑事」というより、「プラトーン」の様相になってしまったが悲しい…



伊勢原射撃場で「ビームライフル」を体感できる

 

拳銃やガン好きだった僕が楽しめる場所が伊勢原にあるということをキャッチ。
場所は、神奈川県伊勢原市上粕屋2380にある神奈川県立「伊勢原射撃場」。


神奈川県立 伊勢原射撃場 営業案内





実弾をではなく、「光線」を使用して楽しむライフル銃「ビームライフル」。
ビームライフルとは、空気銃の弾と同じ直径4.3ミリで光線を発射する射撃用光線銃。実弾を使用せず、殺傷能力がないので、ライフルや散弾銃、空気銃などと違い、県公安委員会の許可が要らない。


ビームライフルは重さが約3.5キロあり、ちょっとした手の振るえでも銃がぶれて、標的から外れてしまう。
立ちながら撃つので、体力の集中力が必要。


料金は、一般500円で学生300円。なかなかリーズナブルな料金設定で楽しめる。
週末は、家族でビームライフルを楽しむのも悪くない。
普段は、へたれなお父さんのカッコいい姿を見せるチャンスかもしれない。
「あぶない刑事」や「マイアミバイス」で培ったセンスで、標的をぶち破れ!












↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。