QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




悲しいことに四十肩ですか? たぶん…



右の三角筋が痛い! これは四十肩なのか?


今年で43歳になるのかぁ、とため息が出る年末。
ここ2年ほど、忘れた頃に三角筋辺りが、痛むことがある。
仕事をしていた日中、三角筋あたりに違和感を感じ、夕方には腕を動かすたびに痛み出した。
そのたびに、「四十肩になるなんて、俺も年をとった証拠だな。」と凹む。


c23155c67564.jpg


腕を動かすと、三角筋あたりが痛む。
「四十肩」って肩が痛むんじゃないの?と疑問。


ネットで調べてみると…。
「肩関節の周りの関節包(かんせつほう)やその内側の滑膜(かつまく)、腱や腱板(けんばん)、滑液包(かつえきほう)が変性したり、部分的に断裂したりしているところに、腕を使いすぎたなど、何かのきっかけで炎症が起こる病気」


肩周り


症状としては、片側の肩が痛くなり、腕が上げられない。
簡単な治療法としては、とにかく肩を動かすトレーニングをする。
それでもダメなときは、痛みがひどいときには消炎鎮痛薬を使う。

四十肩治療~痛みを緩和する7つのポイント


自分では気持ちは若いと思っていても、体は正直ってことだ。
毎日、筋トレをして、三角筋、大胸筋を鍛えているのに、四十肩には何の効果もないってことだ。
筋トレとともに、ストレッチもしないといけないのだろう。





↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。