QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




公共図書館で電子書籍リーダー「kobo Touch」を貸し出しサービスを実施



国内3244館の内20館で、紙の本を貸し出す代わりに電子書籍「kobo Touch」を貸し出すサービス

電子書籍端末肯定者として嬉しいニュース。
幾分か失速しだした電子書籍を後押ししてくれそうな話題だ。



国内3224館の内、20館で紙の本を貸し出す代わりに、数点の電子書籍を入れた電子書籍リーダー「kobo Tocuh」を貸し出すサービスを始めている。
一時、楽天が無料で公共機関などに配った「kobo Touch」が活用された結果なのかもしれない。


今年6月にオープンしたまんのう町図書館(香川県まんのう町)は、楽天の協力で電子書籍用端末「kobo Touch」を100台導入。夏目漱石や太宰治、宮沢賢治の小説などを収納し、町民に貸し出しをしている。今年10月からはiPadを12台追加し、ビジネス書100タイトルの提供を始めた。


ふむふむ、無料で読める青空文庫の電子書籍データを「kobo Touch」に収納して、貸し出しているみたいだ。有料の電子書籍の貸し出しには、何かしらの障害があるみたいだ。



千代田区図書館は、利用者が自分のパソコンやタブレット端末などに電子書籍データをダウンロードして閲覧する方式。現在6千タイトルを提供。


上記のサービスは、千代田図書館のサーバーに接続して、電子書籍データをダウンロードして読む感じだ。
一度ダウンロードしたら、期限なしでずっと読めるのかな? さすがに著作権的にそんなことはないか。だとすると、千代田図書館も無料の電子書籍データってことだな。


記事の中で、『文字を大きくしたり白黒反転が出来るので、普通の本を読みにくい高齢者や弱視の方にも親しんでもらえる。』と書いてある。。
まさに、僕が前エントリーで書いたことだ。
そう、高齢者には、E-Ink液晶の電子書籍端末は、都合がいいってことだ。
本を読むことが好きだが、図書館まで本を借りに行くことが困難な高齢者には、1台の端末に何10冊も何百冊も本が収納されているのは便利なはず。
僕が小学生の頃、近くに図書館がない地域に移動図書館というものがあった。そんな移動図書館が、手のひらに乗っけられる大きさの端末に納められている感じだ。


図書館での人とのコミュニケーションがなくなるけど、頻度に図書館に行かなくても、何10冊も1台の電子書籍端末で無料で読める環境は、悪くない。
まだまだ、高齢者以外には、公共図書館の電子書籍端末を借りるメリットを見いだせない。
今後、書籍のタイトル数や図書館でしか読めない本、買ってまで読みたいと思わない本などが充実したら、僕は公共図書館に行くだろう。


今後、電子書籍と図書館という組み合わせに期待。







↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。