QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




黙祷・・・。東日本大震災から1年たって何が変わったのか、自問したいね。



東日本大震災から今日で1年が経ったんだ。
もう1年というより、まだ1年しか経っていないんだ。
それは仕事、家族との生活、プライベートが震災の影響を表面的には影響を与えず、震災前と同じように日常が送られているからだ。
新聞やテレビの報道では、被災地・震災の影響・原発・東電などというキーワードを流してはいるが、2ちゃんねるのレスのように、自分の前を通り過ぎているだけ。

当日。
たまたま振替休日を取って2歳になる下の子と散歩をしていたときに、地震にあった。
目の前の電柱や家が大きく揺れたあと、信号機の光が落ちた。
予想を超えた地震にあったと気づき、上の子を確保しに幼稚園に向かった。

そのことがリアルの光景として思い出すことがなくなり、「あのときはこうだったなぁ」っと少し懐かしむ気持ちが出てきた。
少しずつ、1年前の出来事が記憶の中で薄くなってきている。

それに日々仕事の追われ、「こんな会社なんかやめてやる」なんて吐いたり、震災前と同じじゃないかと。

被災された地域の人々と被災していない地域に住んでいる私は同じ日本に住んでいるはずなのに2つに分割されている感覚がする。
その中で私と同じ地域にいる人や企業や法人は2つに分割された地域を行ったり来たりしながら、ボランティアや支援活動をしている。

震災後、自分は何を感じて、何を思い、そしてこれからに生き方に影響を与えたのだろうか?
何も変わってはいないのではないかと焦る。
日々の生活を送ることに流されて、何もしていないし、何も残していない。

そんなことを考える日が1年に1回はあってもいいじゃないか。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。