QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




子供たちが食べないと言って、ご飯づくりを放棄した妻



3ヶ月に1度繰り返される:ご飯づくり放棄宣言!



旦那として父親として、どのように対処すればいいのか?

会社から帰ってくると、4歳の次女と7歳の長女がリビングに座り込んで泣いている。
「また妻を怒らせることをしたんだな。」


泣きながら僕に訴えてくる長女。
「お母さんがもうご飯作ってくれないなんて、どうしたらいいの?」、「二度と私たちにご飯作ってくれないの!!」
横にいる次女は、泣いているお姉ちゃんにつられて泣いているだけ。
緊迫した状況にも絶えず、マイペースな次女。


うーん。またこれか。


3ヶ月に1度の割合で繰り返される出来事。
ふたりの娘が夕ご飯を食べず、妻が怒って、「食べたくないなら、食べなくていい! もう二度とご飯作ってあげないからね!」と言った。


そのたびに、妻は僕にポツリと、

・基本的に料理をするのが好きじゃない。
・頑張って作っているのに、娘たちは食べてくれない。
・毎日、娘たちの尻をたたきながら、ご飯を食べさせている。
・旦那も(僕のこと)、一言も美味しいとも言ったことがない。
・毎日、一生懸命に作っても張り合いがない。

等々…。



娘たちはなぜ、妻のご飯を食べないことがあるのか?

食べ物に対する感謝
の念を娘たちに与えていない僕ら親たちのせいである。


□基本的に、夕ご飯時、娘たちはお腹があまり空いていない。

長女は学童保育でおやつを食べ、次女も保育園でおやつを食べている。
お腹を空かし、夕ご飯が出来上がるのを待っていることがない。



□「食べ物を粗末にするな」と言葉では言っているが、お腹が空いて、我慢ならない経験が娘たちにはない。

ご飯時以外でも、お腹が空けば、僕ら親がお菓子をあた
えてしまう。


娘たちの欲求にすぐ答えてしまっている。
だから、「食べ物は大切で粗末にするな。」と言っても、娘たちには、心に響いてこない。
これは、僕ら親のせいである。



□妻は料理が得意じゃない。

料理本はよく買うが、料理の腕は上がっていない。
そう、妻の手料理は不味くはないが、美味しくもない。
僕も週末の夕ご飯を作るが、妻以上に美味しくない…。



□量が多い。

子供たちにとって、量が多い。
基本的に、野菜、魚中心のレシピなので、子供たちが好きなメニューじゃない。それなのに、量が多いから、食べる前から娘たちは残さず食べることを放棄している?



僕が妻に提案したこと

悩んでいる妻に対して、どのようなことを言ったらいいのか考えてみた結果。


□ご飯の量を半分にする。

「足りないかな」という程度のご飯の量にする。
絶えず、子供たちのお腹が満たされているから、ご飯の量を減らして、お腹を満たされないようにする。
「お腹が空いて、もっと食べたい!」という気持ちにさせる。



□間食をさせない。

お腹が満たされないようにする。
お腹が空いた状態で、夕ご飯に向かうようにする。



□精進料理のようなメニューにする。

育ち盛りで、精進料理のようなメニューでいいのかわからないが、「物足りなさ」を演出するために必要かと。



提案してみたが、妻は拒否!

「結局は、私の負担がかかっているだけで、これで食べてくれないなら作らないほうがマシ!」と言われる。


僕が「食事を作り食べさせることは親の勤めで、教育と同じだよ。それを放棄するのはどうなんだろう?」と言うと、「なら、親失格でいい。もうご飯作らないから!」と半泣きで切れられた。



うーん、妻がご飯を作ることを放棄したぺい一太郎家は、これからどのように終焉を迎えたらいいのか?











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。