QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




10年に1度の大型台風の中、会社に時間通りに行った人を尊敬する



暴風で荒れる外を見て、会社に向かった同僚たち

small__8147228135.jpg


普段通りに5時に起きた。
風の音で起こされたようなもんだ。我がボロ屋は強風で揺れているよう。激しい雨に、荒れ狂う風。


ニュースを見ながら、「台風が行けるまで、自宅待機だな。」と判断した。
10年に1度の大型台風接近中に、外に出るなんて、自殺行為。それでも、会社に向かうのが、うちの会社の人たち。


上司から携帯電話に一斉メール。
『各自の判断で、会社に行くか、休むか、遅れていくか、決めろ』と。
こういう状況で、自己判断に任せる会社のズルさを感じさせる。こういう選択を任されたら、会社に向かうしかないじゃないか。こんなことで、会社の忠誠心、同調意識を判断される。


上司からのメールに対し、部内の人たちのメールが返信される。

「時間通りに、自宅を出て、会社に向かっています。」

次々に、同様のメールが回る。
部の大半の人たちは、時間通りに自宅を出て、会社に向かっているらしい。志の高い人は、普段より早めに自宅を出ている。


「10年に1度の暴風の中、危険を犯してまでの、仕事って、あるっけ?」


そんな中、僕は、「外は暴風で危険なので、風が治まったら、会社に向かいます。」と返信。
普段より、ゆっくりとした時間を過ごし、久しぶりに娘を保育園に送った。



僕が前時代的な会社の風習に抵抗できるのは、ここまでだ。
本来なら、暴風の中、会社にたどり着いても、仕事にならないだろう。
暴風が過ぎ去って、会社に着いても、午前中から午後にかけて、仕事にならなかった。クズリクズリと19時まで仕事をしたけど、振り返ってみても、ほぼ、一日、仕事にならなかった。


生産性を重視するなら、台風のときは、休むべきだ。
台風が去ったら、会社に行こうなんて考えをやめて、一日休むという勇気を持つべきだ。
ひとり、ふたり会社に行かなくても、会社は回る。
僕の心の中には、「自分が会社に行かなくても、仕事が回っている」という恐怖心から、遅れてでも会社に行くという選択をしてしまう。


会社にとって、必要な人間でありたいと思っている表れなんだろう。実際に、会社にとって、「この人じゃないとダメだ。」なんて人はほとんどいないのに。
組織として機能しているから、この人じゃなくても、あの人でもいいってこと。


僕は、会社にとって、必要な人というより、影響力のある人になりたいと…(趣旨と外れているけど。)











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。