QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




LifeTouch NOTEが壊れたら代わりになるものは、7インチ中華タブレット+ 外付けキーボード?



LifeTouch NOTEを使いはじめて半年、左カーソルキーのクリックがなんか鈍くなってきた。
キーを押したときのクリック感が「ぷにゅー」って感触で、LifeTouchNOTE特有の「ぺちぺち」とするクリック感でない。
「あっ、キーボード壊れるかな?」
「1年持つのか?」なんて思ってしまう。

もし、LifeTouch NOTEが壊れて使えなくなったらどうしようかと。
そこで、今回はこのLifeTouch NOTEの代替え品を妄想してみようかと思う。


『中華タブレット+カバー付きキーボード』という構成が一番LifeTouchNOTEに近い形だと思う。


ポメラDM10とDM5を持っているが、LifeTouchNOTEの代わりにはならない。
evernoteとdropboxが使えないポメラは選択から外れ、今や気が向いたときにイジる程度のモノになった。
ポメラはネットに接続できないというところが特徴であり、好まれるポイントでもあるが、私はネットに接続出来て、キーボードで文章が打てるモノが欲しい。


私のLifeTouchNOTEは投げ売りされたときに買ったモノなので、15000円程度で手に入れた。
なので、LifeTouchNOTEの代替え品として考えたときに、15000円で揃えたいという気持ちがある。

これ以上の値段を出すなら、Acer ICONIA TAB A100を選ぶが・・・。

acer【アイコニア】 ICONIA タブレットPC ネイビー ICONIATAB A100-07U16Cacer【アイコニア】 ICONIA タブレットPC ネイビー ICONIATAB A100-07U16C
(2011/11/18)
日本エイサー

商品詳細を見る


ICONIA TAB A100はすべてにおいて性能・液晶の質がLifeTouchNOTEより断然上だが、値段は倍となる。


ICONIA TAB A100より値段が安い、Lenovo IdeaPad Tablet A1という選択もあるが・・・。

Lenovo IdeaPad Tablet A1 シリーズ 7.0型ワイドHD液晶 2GB カーボンブラック 2228-3CJLenovo IdeaPad Tablet A1 シリーズ 7.0型ワイドHD液晶 2GB カーボンブラック 2228-3CJ
(2011/11/09)
Lenovo

商品詳細を見る


で18000円。投げ売りされたLifeTouchNOTEと比べると少し値段が高いので躊躇する。


ネットではLenovo IdeaPad Tablet A1は中華タブレット並のクオリティと評判、ならば本家中華タブレットもありかなと。

その組み合わせとして、
○Android 4.0 で7インチ静電式でマルチタッチ対応、解像度は800 x 480ピクセルの『原道N12』。

【週末特価 アンドロイド 4.0 タブレット PC 】 原道 N12 Android 4.0 7インチ タブレットPC RK2918-1.0GHz 512-RAM 8GB 7インチ 静電 マルチタッチ【週末特価 アンドロイド 4.0 タブレット PC 】 原道 N12 Android 4.0 7インチ タブレットPC RK2918-1.0GHz 512-RAM 8GB 7インチ 静電 マルチタッチ
()
dropad

商品詳細を見る


で値段は10800円

○これにカバー付きキーボードを付けて

☆サイズ調整付☆7インチ専用 アンドロイドなどのタブレットに!Android miniUSBキーボード&ケース◇☆サイズ調整付☆7インチ専用 アンドロイドなどのタブレットに!Android miniUSBキーボード&ケース◇
()
renesas

商品詳細を見る


で値段は1150円

中華タブレットは、ほぼBluetoothが搭載していないのでBluetooth外付けキーボードは使えない。
もちろん『原道N12』もBluetoothは搭載されていない。
Bluetooth通信だと、本体とキーボードともにバッテリーを消費する。
本体バッテリーの耐久性や継続時間に疑問を抱く中華タブレットなので、Bluetoothではなく、USB接続のキーボードのほうが安心出来ていい。
『原道N12』はmicroUSBが搭載されているので、このキーボードと接続出来る。
USBコードがピロっと出ているが、常にカバー付きキーボードに入れていれば邪魔にはならず、気にならなくなる。


気になる重さは、原道N12は360グラムでカバー付きキーボードを入れても500グラム以下
LifeTouchNOTEの重さが700グラム。
だいぶ軽く感じる重さ。

値段も11950円で、LifeTouchNOTEよりも3000円ほど安い。


文章を打つのに必要な日本語入力アプリは無料の『simeji』をインストールすれば追加購入しなくても済む。

simejiのインストール先は

LifeTouchNOTEと同じように日本語入力アプリを『ATOK』にしたいなら、1500円を追加購入すればいい。
これで合計は13450円

ATOKのインストール先は

この組み合わせが一番LifeTouchNOTEに相応しいモノだと思う。

一番はLifeTouchNOTEの後継機を望むのだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。