QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




コーヒーを飲みながら、ひとりの時間を過ごす



自分だけの時間をあえて作る



妻や子供たちにジャマされない、ひとりの時間を持ちたい。そんな想いから、毎日、5時に起きて、ブログを書いている。
アウトプット作業は、妻や子供たちの喧騒、会話、テレビの音などで思考を遮られず、集中して書ける時間にしたい。ひとり静かに考えられる空間、時間を手に入れるには、妻や子供たちが起きる時間より早く起きるか、会社帰りの僅かな時間しかない。



で、久しぶりに会社帰りにコーヒーショップにより、1エントリーブログ記事を書いた。


住宅街の人たちが眠りから目覚め始める静かな朝5時と違い、夜7時頃のコーヒーショップは囁き声とモノから発する音に満たされた空間。ほどよい喧騒の中、集中してアウトプット作業にいそしむ。


ほどよい喧騒の中、ヘッドフォンを耳にあてがい、スマートフォンで音楽を聴き始めるとひとりの空間を感じる。ポメラを取り出し、静かに考えを巡らせ、ブログを書いていると、さらにひとりの空間度が増してくる。
80年代ハードロック、メタルをインターネットラジオ「TuneIn Radio」で聴きながらのブログ書きは、リズムカルでポップに思考が踊る。



なぜ? 喧騒に満ちたコーヒーショップって、アウトプット作業をするのに向いているんだろう。雑音の少ない朝5時の空間の方が、アウトプット作業をするのに適しているはずなのに…。


なんとも、不思議な空間なんだろう。喧騒から離れて、ひとりで過ごしたい空間と時間を得たいはずなのに、コーヒーショップが適しているなんて。
コーヒーショップにいる他人は、自分と関わりを持たない存在で、静かな雑音を発するオブジェクト。
だから、ひとりでいられる空間なんだ。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。