QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




40年間スポーツをしなかった僕が、なぜランニングをはじめたのか?



幼少の頃、病気で運動、スポーツをする機会に恵まれなかった

medium_84202849.jpg

小学生の時から、運動をする機会に恵まれなかった。中学、高校の時も、部活に入らず、帰宅部。なぜ? 小学1年生になった頃、小児ネフローゼという尿にたんぱくが多量に出てむくみがでる病気になったのが原因。
小児ネフローゼ症候群│病気事典│ここカラダ


病状が出ると、体が怠くなり、脛、顔がむくむ。体を動かせないほどむくむ。そうなると、入院するしかない。入院して、ステロイド剤を投入され、安静状態。
病状が治まり、再発の心配が少なくなるまで、入院生活。


小学生の時に2回、中学生の時に1回、高校生の時に1回、大学生の時に1回、再発。
そう、再発、入院、退院の繰り返しの学生生活。再発をして入院すると、半年以上、退院できない。


退院して、地元の学校に戻っても、再発の可能性を示唆して、体育は見学。
スポーツをしたくても、病気のため激しい運動をすることはNG。
幼少の頃から、運動やスポーツをすることを諦め続けた結果、社会人になってもすっかり運動やスポーツをする気もなくなっていた。



スポーツをしたいから、ランニングをはじめたわけじゃない

40歳を過ぎてから、めっきり体力のなさを感じる。今まで同じような仕事をしてきても、体力が持たず、集中力が切れてしまう。最後まで、集中した状態で仕事をこなせない。
さらに、翌朝も疲れが残る。前日、大した仕事をしていなくてもだ。


仕事から帰って、何かをする体力が残っていない。夕御飯を食べて、テレビを見て、風呂に入り、ネットを見て、寝るだけの毎日。


そんな創造性のない毎日にオサラバしたい想いから、ブログを始めた。でも現実は、仕事で体力を奪われ、ブログを書く気力もない。結局はダラダラと過ごし寝てしまう。


そんな体力が持たない毎日にオサラバしたい想いから、ランニングを始めた。疲れにくい体質に改善するために、ランニングしかないと。


幸いに、自宅から数分で河川敷に出られる。まさに、「何も考えずに走って下さい」と言わんばかりのロケーション。ランニングする環境が目の前にある最適な場所に住んでいるから、必然的にランニングとなる。


仕事以外に、自分が存在できる空間を見つけたいという想いからブログを始めた。仕事以外の場所を見つけるためなのに、仕事で体力を奪われ、ブログが書けない。
「そんな、バカは話ってあるか!」、という憤りを感じた。
なら、環境を変えられないなら、状況を改善しよう。
だから、体力をつけるために、ランニングを始めたわけだ。


スポーツをするためにランニングを始めたわけじゃない。
ストレスを解消したいからランニングを始めたわけじゃない。
何か運動でもしようと思い、ランニングを始めたわけじゃない。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。