QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「kobo glo」を買って8ヶ月、はじめて電子書籍を購入してみて、便利さに驚いた!



楽天からのメールに500円クーポンやら30%クーポンにクラクラ

今年1月に電子書籍リーダー「kobo glo」を購入。セットアップ時に、楽天IDユーザー登録。登録後、楽天から多量のメールが届き始める。その中に「電子書籍500円クーポン」やら「電子書籍30%クーポン」やらお買い得なメールが混じってくる。



僕が電子書籍リーダー「kobo glo」の購入した理由(ワケ)は、置き場所に困った100冊以上の本たちを裁断してスキャンし、PDFデータにデジタル変換するためだ。要するに、紙の本を自炊して、電子書籍で読むために、「kobo glo」を購入。


自炊目的で「kobo glo」を手に入れたので、電子ブック楽天koboから電子書籍を買うことは考えていない。あくまで、ブックオフや書店で買った紙の本を自炊して読むためだ。



時間をつくってブックオフに行くのが、自分のルーティンワーク。まず、105円コーナーを隅々までチェックをし、読みたい本を探す。105円コーナーで面白そうな本を探したあとは、通常のコーナーに行って、ブクログに登録してある読みたい本を探す。
質より量を目的に、少しでも面白そうな本を安価でたくさん手に入れたいという欲求でブックオフで本を買う。
買った本が、自宅の小さな本棚にたまると、自炊してデータ化。



実は、自炊してデータ化するのは、手間がかかり、面倒なことだと分かる。
■ブックオフで、読みたい本を安く手に入れるための手間と時間。
■買った本を、裁断し、スキャナーでスキャンし、パソコンでkobo用にPDFデータを最適化。
1冊の本を手に入れて、自炊するまでの時間は、約20分くらいだろうか。



ネットで電子書籍を購入して、読み始めるまで、10秒。革新的な手軽さ。

今回、はじめて楽天ブックで電子書籍を買ってみた。なぜか? それは楽天から来た「電子書籍500円クーポン」、「電子書籍30%クーポン」の存在が大きい。


ホリエモンこと堀江貴文さんが、刑務所で読んで号泣した、重松さんの「とんび」を500円クーポンを使って購入。120円。

【送料無料】とんび [ 重松清 ]

【送料無料】とんび [ 重松清 ]
価格:660円(税込、送料込)




さらに、前から読みたかったプロゲーマー梅原さんの「勝ち続ける意志力」を30%クーポンで購入。
ブックオフで探していたが、なかなか巡り会わなかった本。





電子書籍リーダー「kobo glo」から、読みたい本を検索して、クリックするだけ。
読みたい本が見つかれば、クリックして、10秒でダウンロード完了。この手軽さが癖になりそう。これから、30%クーポンなどのクーポンを使いながら、電子書籍を購入していくんだろう。
自宅にいながら、読みたいと思った瞬間に10秒で購入して、すぐに読むことが出来る環境に脱帽。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。