QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログは「偏り」がなくちゃダメだ。



ブログの「偏り」を大事にする

ブログを書いている人にとってバイブル本となる「プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100」の序文にこんなことが書いてある。

アクセスアップを意識してブログを書き続けるために、具体的な読者像を考え、その相手に伝えることを意識をする。

ブログの「偏り」を大事にする。
この「偏り」とはブログの個性。個人ブログがマスメディアのように幅広い話題を押させることは難しいが、わかりやすい「偏り」をもつことでほかのブログのないカラーを出し、ファンを獲得できるようになる。無個性なブログよりも、魅力的な「偏り」があるブログの方が、ファンを集めやすい




人にはない個性を持っているブログは面白い。


たとえば、iPhone5Sの最新情報を記事として発信したとしても、その情報に対して書き手の思い、考え方が記事の中に書いてあり、さらに「偏り」を持っていれば、面白い。


ブログのテーマが、多数のブロガーたちとかぶったとしても、記事ひとつひとつに書き手の「偏り」を読み手が感じ取れれば、ブログに「個性」が出てくる。
情報のスピード、量、正確さなんてものは、大手マスメディアと比較して個人に勝てる術はないし、同じ土俵で勝負すべきことじゃない。同じ土俵でブログを書いたとしても、「偏り」が薄くなり、ただの情報を発信いるだけの「個性」を感じ取れないブログになる確率が高い。


時として、ブロガーの間で言われる「ブログでセルフブランディングを確立せよ。」なんて言うのも同じ。
要するに、ブログを書くことで、自分の強みを生かし、存在価値を上げていく。自分という人間をブログを通して、「僕はこんな人間です。」ということをアピールしていくわけだ。


なぜ?こんなことを考えながら、ブログを書いていくんだって?

「他人とは違う視点で、モノゴトを相手に伝える」ことは、ブログを書く上で重要。スマートフォンを手に入れてから、ますます誰でも情報を発信できるようになった。発信される多くの情報の中から、他人に見てもらうためには、「強烈な個性」「偏り」を感じさせるモノじゃなければダメだ。読んでくれる人が、「タメになった」「共感!」「そんな考え方もあるんだ」というブログじゃなければ、面白くない。



「偏り」「個性」を感じさせる情報をこれからも発信していけるように、日々精通していきたい。自分という人間を読み手が感じてくれる記事を書いていきたい。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。