QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「1級管工事施工管理技術検定」学科試験の自己採点は、49問正解! 



60問中、49問正解なら、ひとまず学科試験は合格!

9月1日(日)に受験した「1級管工事施工管理技術検定」学科試験の問題と正答が、ホームページ上で次の日に発表された。
JCTC 一般財団法人 全国建設研修センター


セオリー通りに、過去問題を繰り返し解き、解説を読んで、暗記。計算問題、ネットワーク問題もやり方を暗記。解説に書いてある内容を理解するなんて、無駄なことはせず、ただ書いたあることを暗記するのみ。(解説に書いてある内容を理解するのは、過去問題集だけでは、難しい。過去問題集のほかに、参考書が必要。)
過去問題を3週間やり続けた結果が、60問中49問正解につながった。



「1級管工事施工管理技術検定」実技試験の前に、「2級電気施工管理技術検定」試験の勉強もしなくてはならないという

まったく、自分の意志で「1級管工事施工管理技術検定」、「2級電気施工管理技術検定」の受験をしていないところが、痛い。
業務命令でしかたなく、受験をしているという話で、自分のために資格取得を目指しているという意識が弱い。
自分の意志でなく、会社からやらされている感で、業務時間外に資格の勉強をするというのは、なかなかモチベーションが保てない。



3週間前に心に決めたことは、会社からやらされている感を忘れて、ゲーム感覚で受験勉強に挑むってこと。


資格取得のためのタスクリスト作り。一日のうちで、どの時間に勉強を割り当てるのか? 勉強のやり方はどうするのか? 平日、休日にやる勉強内容、範囲をタスクに落とし込んでいく。
合格するために、何をどれをどの方法でどこまでやるのかタスクリストに落とし込んでいく作業を楽しむ。


このように、自分のためになることを見つけて、受験勉強に挑んでいく。
そう考えていかないと、自分に必要のないと感じている資格の勉強に挑んで、合格を目指すことなんて出来そうもない。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。