QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




通勤電車の中で、「1級管工事施工管理技術検定」資格勉強をするのに、kobo gloを活用してみた



過去問題ばかり解いているだけではダメだ。用語も覚えないといけない

受験をする人たちに最後の仕上げってことで、会社から渡されたのが、「1級管工事施工管理技術検定試験:学科試験 超要約!! 必須知識の丸暗記」という50ページ近くのコピー用紙の束。

おいおい、過去問題を解く時間さえ残されていないのに、用語まで覚えないといけないのか、と落胆。いままで、サボりにサボって、バックレて、用語のひとつさえ覚えていないんだから、そうなるよな。
そうは言っても、やると決めたからには、落胆してやる気を失せても時間の無駄。とにかく出来る範囲でやるしかない。



「1級管工事施工管理技術検定試験:学科試験 超要約!! 必須知識の丸暗記」をデータ化して、電車の中でkobo gloで閲覧。


知り合いから譲り受けた「ScanSnap S1500」で、用語集をスキャン。

①ScanSnap S1500のスキャン設定を

・画質をスーパーファイン
・カラーモードは自動
・両面読みとり
・継続読みとりを有効
・文字をくっきりをオフ
・文字列の傾きを自動補正をオフ
・現行の向きを自動補正をオフ
・ファイル形式をPDF

で、読み取って、PDF化。


②kobo gloで文字がつぶれ、読みにくくならないように、ChainLPで最適化。

・サイズ:768×1024
・縦横比チェック:オン
・ページ補正:オン
・本文ホールド化:オン
・ガンマ補正:16
・シャープネス:3

で、PDFを再変換。


③6インチサイズが通勤電車の中ではベストサイズ。




E-inkなので、画像の拡大縮小やスクロールが遅く、少しイライラする。
スキャンしたPDFデータをOCR化して文字に変換できれば、この点は解消されるのだが、元のコピーの鮮明度が低く、アクロバットのOCR機能を使用しても期待は出来そうもない。

通勤電車でPDF化したデータを閲覧するには、Kobo gloではなく、7インチAndroidタブレットが最適そうだ。うーん、これ以降も資格取得の勉強をしないといけなくなりそうなので、7インチAndroidタブレットを買おうかと考えてしまう。2万円以下で買えて、クワッドコア搭載の「ASUS ME173シリーズ TABLET ミルキー・バニラ ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-WH16」くらいならいいかも。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。