QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「1級管工事施工管理技術検定」資格勉強のための一日の時間配分



平日は最低3時間は勉強しないと、合格には程遠い…

3週間前まで、資格取得の勉強なんてしていない「ゼロ」の状態から、合格を目指すという無謀な挑戦。「せめて3か月前から勉強を始めておけばよかった…」なんて、後悔しても時間の無駄。
とにかく、一日、年度ごとの過去問題(午前・午後)を解く。
午前、午後の問題を解いて、間違えった箇所を、解説を読みながら理解をする。これだけでも、3時間余りかかる。
だから、平日は3時間資格の勉強時間を割り当てるように日々のルーティンを変更。



まずは、3週間だけやらないことを決める。

■「3週間ブログ休止宣言」。ブログ更新する時間が一番かかるので、3週間だけ限定でやめる。(なんて言いつつも、勉強の合間の息抜きでブログを書くのはOK。、ってことでこのエントリーを書いている。)

■インプットのための本を読むことをやめる。時間があるとついついビジネス書や新書、小説を読んでしまうので、3週間限定でやめる。
本を読んでいる時間を、「用語や数式」を覚える時間に割り当てる。

■ブラインドタッチを身につけるための練習を一時やめる。毎日、15分ほどブラインドタッチの練習をしている。この時間も惜しいので、資格取得の勉強時間に割り当てる。


この3つをやめるだけでも、2時間近く資格取得の勉強時間に割り当てることが出来る。
あと1時間は、往復の通勤電車時間で確保する。



でも、筋トレの時間だけは捨てない!

4月からやり始めた筋トレ。徐々に筋肉も突き出し、腰の痛みもなくなり、体調がいい。
脳を鍛えることも大事だが、それと一緒に体も鍛えることも大事。脳と体のいいバランスを保ちたいので、筋トレはそのまま続行。いい体調は、脳の活性化にも役立つ。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。