QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




漠然と作業をしている人と改善方法を考えながら作業をしている人との差



仕事以外でも常に改善方法を考えている人



常に日々の仕事、作業に流されて、改善方法や効率化をあまり考えない僕です。これって、ダメですね。
仕事をしていて、「今やっている作業って無駄が多いな。これを改善すれば、効率よくできて、時間の短縮にもなる。」なんて思うけど、思うだけで、「あとで考えてみよう。」と後回し。
こうして、ひとつの作業も改善されることなく、時間ばかり無駄にしている。


効率よく仕事をし、増えた時間をもっと有効に使おう!


、っていつも思うんだけど…。
これっと、ダラダラと仕事をして、「仕事をした気になっている症」なのかもしれない?



「遊びでも改善できることを常に考えている人」、っているんだ。

先週、学童のキャンプに家族で参加をした。そのキャンプを運営・進行・管理をしていく「キャンプ実行員」というチームがある。
娘を通わせている学童は、35年ほどの歴史があり、今回のキャンプも10年以上続いている。
3ヶ月前から、毎週1回、夜に学童に集まり、準備のための打ち合わせ。遅いときは22時過ぎまでという熱の入れよう。
「代々受け継げられたキャンプ」という重荷なんだろうか?


僕らのように、今年4月から入学した新一年生の父親2組がキャンプ実行員になった。


Aさんパパは、
「実行員って大変ですよね。毎週、夜、集まらないと行けないし。キャンプが始まれば、いっときも休めないし。」
「始めてだから、みんなに着いていくだけでいっぱいですよ。」
「来年はどうしようかな? 」


Bさんパパは、
「初めての経験だから、大変だったけど、来年は、もっと効率良く出来ますね。」
「毎週の打ち合わせに関しても、もっと効率良く、テキパキとやれば、夜10時までかからない。」
「来年は、私が実行員のリーダーになってもいいかな。やり方を改善して、効率良くやりたい。」


という感じで、キャンプ後のふたりの感想に違いが出た。



Aさんは「大変で、もう懲り懲りかも。」とイヤなことが終わったから、これでおしまい。次回のことは考えない。


一方Bさんは、大変だったけど、次回はこうこう改善出来るな。下準備や打ち合わせももっと効率良くして、無駄な時間をなくそう。、と常に改善方法と効率を考えて動いている。



この点が、仕事が出来る人か出来ない人の考え方で、人生を自分がコントロールしているかの差かもしれない。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。