QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ARROWS X F-02Eで導入した「無効化マネージャー」と「起動項目管理」の設定を見せよう!



プリインストールアプリの無効化を補助するアプリ

僕はdocomoSIMじゃなく、IIJmioSIMを差してARROWS X F-02Eを使っている。なので、音声通話に関するアプリやdocomoユーザーじゃないと使えないアプリを必要じゃない。
使いことが出来ないアプリがバックグランドで動作して、無意味にバッテリーを消費されたんじゃたまらない。
さらに、バッテリーを多く消費し、僕が使いそうもない富士通アプリもついでに無効化にする。
以下に表すのが、僕が無効化して使用不可にしたアプリたちだ。

無効化マネージャー - Google Play の Android アプリ



2013-07-12-05-36-40.jpg

2013-07-12-05-37-18.jpg

2013-07-12-05-38-02.jpg

Screenmemo_share_2013-07-12-05-38-35.jpg

Screenmemo_share_2013-07-12-05-39-04.jpg

Screenmemo_share_2013-07-12-05-39-36.jpg


自動で起動しないように設定できるアプリ。

自分の意志で動かしていないのに、なんだか勝手に動いているアプリも多く存在する。
そんな「今動かなくていいんだよ!」「俺が必要なときに動いてくれればいいんだよ」、というアプリを指定して、自動で起動しないように設定。

起動項目管理(Startup Manager) - Google Play の Android アプリ



Screenmemo_share_2013-07-12-05-35-17.png

Screenmemo_share_2013-07-12-05-36-02.png



この設定で5日間ほどARROWS X F-02Eを使っていたが、今までバッテリーに対して不満爆発で「ARROWS X F-02E捨ててやろうか?」なんて思う気持ちだったのに、「ARROWS X F-02E以外に使えて、満足!。」なんて気持ちになった。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。