QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ARROWS X F-02E」到着! 噂通りバッテリーが見る見る減っていく:簡単レビュー



30分ほどイジっていると、バッテリーが10パーセント以上減る

1日経過しての、ARROWS X F-02Eの印象。

今まで使っていたXPERIA acroは、セルスタンバイ問題が発生しないようにデータ通信を使わないときはこまめにオフにすれば、劇的にバッテリーの持ちが良かった。
推奨はしないが、root化して、プリインストールされているdocomoアプリを削除。バックグランドで動作している不要なアプリが動作させていないという禁断の秘技。
それと比較して、RROWS X F-02Eはバッテリーが保たない。



しかし、Amazonの流通の凄さを感じるね。なんと、注文した翌日には品が全部揃った。
ほぼリアルタイムで、自分の手元に注文した品が来る感じだ。

ヤマト急便からカバーと予備バッテリーの到着。




佐川急便からARROWS X F-02Eが到着。





1日ARROWS X F-02Eをイジった印象を簡単に。

1日経過して思うのが、XPERIA acroのバランスの良さをまざまざと感じる。
バッテリーの持ち、手に持った大きさ、重さ、厚みに、システムの安定性。

まず、ARROWS X F-02Eを手にした始めたことは、バッテリーが消費しないような対策(省エネ対策)を施す。

■IIJmio運営なので、使用しないNTTdocomoアプリの削除。

■バックグラウンド制御。
「設定」→「データ使用」→「モバイルデータの制限を設定する」という項目にチェックを入れる →下に並んでいるアプリの中で制限したいものを個別にタップして「バックグラウンドデータを制限する」にチェックを入れていく。

■ディスプレイの明るさを25パーセントに下げる。

■ライブ壁紙を使用しない 。

■設定>無線とネットワーク>その他 >モバイルネットワーク>ネットワークモード [ LTE/3G ]を選択。

■設定>音・振動のバイブ系を全てoff 特に [ はっきりタッチ ]

■設定>自分からだ設定>ウォーキング/Exカウンタ利用設定 歩数計利用□ のチェックを外す

■温湿度チェッカー メニュー>記録の停止

【ARROWS X F-10D活用術】 バッテリー持ちを良くするための設定術! 【【ARROWS X F-10D活用術】 バッテリー持ちを良くするための設定術!-第1回-】

以上、バッテリー食いのARROWS X F-02Eに省エネ対策を施して、半日外で使ってみた。

ここまで、対策をしても、バッテリーの消費は激しい。
別途、携帯電話を持っているので、データ通信をしないときは、こまめにデータ通信をオフにして使っている。
もちろん、セルスタンバイ問題も回避するために、ディスプレイオフの時に自動でデータ通信がオフになるように、「自動機内モード」アプリを常駐。

これでも、想像以上にバッテリーが消費する。
1時間あまり、使って続けていると、見る見るバッテリーが減っていく。データ通信をほぼ使っていない状態でも20パーセント近く消費。
もちろん、本体裏面は熱くなる。

さらに、屋外でARROWS X F-02Eの画面がよく見えない。
ディスプレイの明るさ25%では、太陽の光に負けて、暗すぎて見えない。50%、75%にしてもよく見えない。
100%もしくはautoにして、見えるようになった。
これも、バッテリーの消費を過大にもたらす。
バッテリーの消費を抑えるために、屋内、屋外でディスプレイの明るさを変えるのは、面倒だ。


高解像度のせいなのか、コアを抑制しているためか、思いの外ヌルヌル感はない。
メモリーを逼迫していないXPERIA acroのヌルヌル感とほぼ同じ印象。


まだ、半日しか外で使っていないので、何とも言えないが、バッテリーに関してかなり神経を使いそうだ…。















↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。