QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




コンビニで1個でいいのに2個買わずにはいられないのはただの無駄。



 コンビニや100円ショップで買いたいモノは1つなのに、その1つだけを持ってレジに行くのがなぜか恥ずかしい。
なので、『あまり欲しくないけどこれでも買うかな』というモノを1つ選んで、2個持ってレジに行く。

 例えば、「なんか小腹が空いたからパンでも買うかな」と思いつつコンビニに入る。
そこで、あんパンを1個手に取る。
あんパンを持ってレジに向かってお金を払い店を出ればいいのに、これが出来ない。
あんパン1個だけを買うのは恥ずかしいから、無理に何かもう1つ買いたいモノをお菓子コーナーや飲料水コーナーで探す。
お菓子コーナーでスニッカーズを見つけ、『チョコレートも食べたいかも』なんて思いつつそれを手に取り、あんパンとスニッカーズを持ってレジに向かう。

 本当はあんパン1個で満足なのに、余分に1個買ってしまう。
105円お金を払えばいいのに、225円お金を払うことになる。

 でも、はじめから2つ買う予定があるときは、そのようなことはしない。
あんパンと缶コーヒーを買うためにコンビニに入ったら、この2つを買って店を出る。
余分に、スニッカーズを買うことはない。

あくまで、1つモノを買うときに、余分にもう1つを買わないと気がすまないという事だ。

これは、なぜだろうか?
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。