QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




基本的に会社での飲み会は断る!



日常に飲み会はいらない

イケダハヤトさんのブログ記事「「飲み会」はやめよう。朝と昼の時間を使うべき3つの理由 - ihayato.書店 | ihayato.書店」を読んで、「会社の飲み会を撲滅してやろう委員会を発足してやろか。」までひとり思い立った。

僕が飲み会を断る(断りたい)理由

1.お酒がほとんど飲めない。
2.上司と飲んで、気を使い、最後は割り勘。
3.最低2時間拘束される。
4.ただでさい少ない小遣いなのに、一回の飲み会で2000円遣う。
5.アフター時間を家族のため、自分のために使いたい。


ざっと、思いついただけでもこれだけある。
ほとんどが個人的な理由で飲み会に行きたくなく、「飲み会なんて、時間の無駄」と思う。

今の会社に入って18年たつが、3年目から新年会、送別会など特別な行事?以外の飲み会にはほとんど出席していない。
一年間、一回も会社での飲み会に出たことがないときもあった。


なぜ、お酒の場じゃないと言いたいことが言えないというのか?

こんな僕なのに、時々飲み会に行かないかとしつこく誘われることがある。
その時、決まって、「飲み会じゃなくて、美味しいご飯でもしませんか」とか、「お酒じゃなくて、甘味でも食べながら、話しませんか」と、お酒は断りつつも、時にはアフター時間に少しだけ割くつもりで、妥協案で提案をしている。
相手は決まって、「お酒が入らないと、普段話せないことが話ないじゃないか。普段、言えないこともあるだろ。」、とお酒は社会人のコミュニケーションツールだと言わんばかりの言い方。


親しい上司や先輩には、昔から、「何か言いたいことがあれば、お酒の場じゃなくても言ってください。僕も、言いたいことがあれば、言いますので。」とか「面と向かって、いいにくいことならランチを食べながら、話しましょうよ。」、といい続けているが、誰も賛成せず、一度も実現していない。



自分の時間もお金も大事にしたい

これも重要な話だ。基本的にコミュニケーション障害で、気配りや配慮が出来なく、同僚たちも、僕とのコミュニケーションに手を焼いているみたいだ。


で、仕事をしている時間…いわゆる会社に拘束されて、給与を貰っている時間…以外に、会社の行事・飲み会に時間を遣うことが、時間の無駄だと近ごろ強く思う。

給与が発生しない時間に、上司のためにならない話に相づちをうち、最後にはお金を支払う。


その時の損失は、2時間から3時間の時間の消費と2000円から3000円のお金。
消費した時間の中には、家族と過ごす時間に、自分だけの時間も含まれることを忘れずに。


家族と過ごす時間も大事だが、ブログをはじめて、自分だけの時間も日々大事にしている。
ブログ記事書く時間、筋トレをする時間、本を読む時間などが、お酒を飲んだ日には、すべて失ってしまう。


仕事が終わっての飲み会なら、スタートは早くて19時。ほぼ3時間近く飲み続ければ、終了時間は22時。自宅に着いて、風呂に入り終えれば、23時半。
次の日、仕事なら6時起き。

これなら自分の時間なんてなくなるよね。


飲めないお酒を飲めば、体調も悪くなるから、最低やっておきたいブログ更新も出来なくなる。


普段の飲み会に出ても、何も生まれない。むしろ、失っている時間が多い。
人と話すのが苦手で、お酒の飲めない僕には、ストレスが溜まる時間だ。




次回は、僕はお酒について、強い反感に似た思いがある。という話。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。