QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロフトで見たキングジム「スマホで簡単デジタル化」ノート:ラインナップが増えているじゃん!



ショットノートだけじゃなかった!キングジムのスマホ文具

「うーん、「SHOT NOTE」じゃなくて、「SHOT DOCS NOTE」ってなんだ?」、と言うところから始まった。
過去に「SHOT NOTE」を使ってことがある僕は知らなかった。キングジムが「SHOT NOTE」以外にも、スマホ連帯ノートって発売していることを。


と、「SHOT DOCS NOTE」を1冊を手に取った。ノートを開いてみても、「SHOT NOTE」との違いがわからない。

いつものノートをデジタル化しやすく! 「ショットドックスノート」発売 | ニュース | 「ファイル」と「テプラ」のキングジム


よーく見ると、四隅のマークがない!

「SHOT NOTE」は書いた文字や図形をデジタル化するのに、キングジムから無料で使える「SHOT NOTE」アプリを使って、写真を撮る。
専用アプリは撮影した画像に写っている四隅を認識し、その内部に描かれているモノをデジタル化している。


重要だと思っていた四隅のマークが、「SHOT DOCS NOTE」にはない!
四隅のマークがなくても、書いた文字や図形をデジタル化出来るみたいだ。


「SHOT DOCS NOTE」にも専用のアプリ(SHOT DOCS APP)がある。

「アプリを起動して、「ノート撮影モード」に切り替えてて撮影するとノートを自動で撮り、台形補正・余白部分をカットし、ノート部分のみをきれいに取り組むことが出来る。
デジタル化したノートは、まとめてメール送信したり、「Evernote」、「Dropbox」などのクラウドサービスと共有出来る。」


それなら、「SHOT NOTE」なんていらないんじゃないの?なんて。
まったく、「SHOT NOTE」とまるかぶっているんじゃないの?キングジムさん、と僕はロフトの片隅でつぶやいた。


まさしくニッチな商品?「Scan Note」

僕の主観のみで「Scan Note」がニッチな商品って言っちゃダメだよな。
しかし、ドキュメントスキャナー専用のノートなんて、よく考えたなキングジム、て感じ。

スキャンノート|KING JIM


簡単に説明すると、「Scan Note」に文字や絵などを書いて、ミシン目に沿ってページを切り離し、書いたノートをスキャナで読み込んで、デジタル化するっていうノート。

「SHOT NOTE」や「SHOT DOCS NOTE」でいいじゃないと言いそうだけど、「Scan Note」はドキュメントスキャナーでスキャンしやすいように、ミシン目が付いているのが特徴。ここ一点のみの製品って言っても過言じゃない。

「SHOT NOTE」や「SHOT DOCS NOTE」で文字を書いて、スキャンしようとすると、きれいにノート一枚が断裁出来ない。ロールカッターや裁断機がないと、きれいにノートが切り離せない。
この断裁の手間をなくしたのが「Scan Note」ってことだ。


うーん、よく考えたなキングジム。
もっとニッチで、人を「こんな製品があったのか!やられたなぁ!」というデジタル文具を開発してください。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。