QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




セルスタンバイ問題でバッテリー消費が耐えられず、Xperia acroからOptimus chart L-04Cに戻る



Optimus chart L-04Cはセルスタンバイによる多大なバッテリー消費問題が起きないらしい

small_4029847429.jpg


IIJmioや日本通信などのMVNO最大の弱点「セルスタンバイ問題」。

僕はIIJmio+Xperia acroという組み合わせでスマートフォンライフを維持している。でも、この組み合わせはセルスタンバイによる多大なバッテリー消費が惨くて、「バッテリーの残量」を気にしながらの毎日が疲れる。


僕のXperia acroは「データ通信オン」「セルスタンバイ」で1時間経過すると、バッテリーが10%消費する。
絶えず、アンテナを探して、データ通信し続けているので、本体が熱くなる。

モバイル天下百品 IIJmio、イオンSIM運用者は、セルスタンバイ状態でバッテリーを消費するのはなぜ?



モバイル天下百品 セルスタンバイを対策し、バッテリー消費を抑えるのは、白ロム+IIJmioには必要なこと



いやはや、気になり出すとセルスタンバイ問題がいつも頭の中にうごめいている。

どうにかして、バッテリー消費が押さえられるのか?
ひとつの対策としては、rootを取って、パッチを当てる方法がある。これは多大なリスクがあり、root化するために、すべてのデータが初期化されてしまう。

ブローヴちゃん: Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ



Optimus chart L-04CにIIJmio SIMカードを入れて、再度使い始める

Xperia acroの4.2インチディスプレイに854×480ピクセルは目が疲れず、40歳のオジサンには大変快適。やはり、Optimus chartL-04Cの3.2インチの小さなディスプレイに解像度も低く、30分画面を見続けると、目が疲れて、頭が痛くなるときもあった。

さらに、処理速度もXperia acroの方がサクサクで快適。
Optimus chartL-04Cに少し負荷をかけると、モッサリする度合いが高い。


明らかに、Xperia acroの方が快適だが、バッテリー消費問題とディスプレイの大きさと天秤にかけて、Xperia acroからOptimus chartL-04Cに移行する意味はあるのか?

とにかく、Optimus chartL-04Cがセルスタンバイによる多大なバッテリー消費をしないかどうかを検証してみたい。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。