QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Nexus7(3G回線)と「IIJmio SIM」の組み合わせ



2つのニュースから始まった

①次世代「Nexus7」が7月頃に発売され、現行モデルは販売終了になる。→3G回線が使える次世代「Nexus7」が発売されないかもしれない。

②IIJmioのMVNO-SIMが「Nexus7」で使える。→IIJmioで正式に動作確認されている

---------------------------------------------------

①について、

SIMフリーで量販店やアマゾンなどのネットショップで手軽に購入できる唯一のタブレットが「Nexus7」で、量販店で展示されている「Kindle Fire」「iPad mini」「Xperia Tablet Z」などはWi-Fi接続しかできない。

DoCoMoやSoftBankなどのキャリアで販売されているタブレットは回線付きの販売なので、本体のみ(白ロム)では売ってくれない。

なので、メーカー製造、メーカー保証付き、スペック的にもそこそこ、SIMフリーで3G回線が使える7インチタブレットは「Nexus7」しかないのが現状。


で、7月頃に「Nexus7」の後継機種が発売するとリークされていて、スペック的にも、解像度が1280×800から1920×1080のフルHDになり、薄型軽量との噂。
現行の「Nexus7」以上にすばらしい端末になりそうだ。

でも、リークされた記事には、3G回線モデルが発売されるという記述がない。
もしかして、後継機種の「Nexus7」には3G回線モデルがでないかもしれない。

さらに、後継機種が発売と同時に、現行機種は販売終了となる。

そうなると、現行の3G回線モデルを今、買っておいた方がいいかもしれない。




②について、

低価格、低速度のMVNOの中で、そこそこの速度が出るIIJmioが正式に動作確認済みの端末として、「Nexus7」が明記されている。

高速モバイル/D概要 - 動作確認済み端末


プランの中で「Nexus7」と相性がいいのが、「ライトスタートプラン」だと思う。

プラン200なら、月額料金965円で1000円でお釣りがくる低価格だが、いかんせん通信速度が遅すぎる。

なので、「ライトスタートプラン」を選びたい。
月額料金が965円から1974円になってしまうが、1ヶ月のデータ量が1Gまでなら、3G回線最大の速度になる。

これなら、外出先で「Nexus7」が快適にネットが出来る。
1Gを越えたらで、通信速度が128kbpsに落ちる。
この速度なら、Webを見るにはストレスを感じるが、メール、ツイッターなら問題ない速度。

IIJmio:高速モバイル/D概要



3G回線付きのタブレットなら、第2のスマートフォンとして、使い勝手もいい。
Wi-Fi接続のみのタブレットをテザリング機能付きのスマートフォンやモバイルルーターに接続をしてからのネット接続じゃストレスを感じる。
回線付きのiPad miniとWi-Fi接続のiPad miniを比較すれば、どちらが快適で使えるかはわかるだろう。

なら、3G回線付きの「Nexus7」+IIJmioが、どれだけ、便利で快適で使える端末になるのがわかるだろう。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。