QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




電波少年的:鮒子さんは、冒険家であり、ママチャリニスト



ママチャリで日本縦断8786キロを走り抜けた女


懐かしいんでTSUTAYAで「電波少年BEST OF BEST」をレンタル。



ここに鮒子さんという冒険者の姿を発見した!


この企画タイトルは「鮒子のただ食い旅」というもの。鹿児島から北海道の稚内まで、ママチャリで旅をし、その土地でただで豪華な食事を食べていく。
ただで豪華な食事を食べるという方法が、「結婚式場に行き、出席者のキャンセルがある披露宴を探し、頼み込んで出席させてもらい、豪華な食事をただで食べる」というくだらない企画。


「鮒子のただ食い旅」のゴール近くのシーンに、僕が震え、ある種の感動を呼び起こした。

北海道の吹雪の中、雪が積もっている路面をママチャリで走っている姿。
外の世界はマイナス12度。吹雪で前に進まないママチャリを、必死の形相で、立こぎで挑む鮒子さんの逞しさ。

37歳の女の人がやることではない。くだらないことを必死にやる姿。
ここまで駆り立てる魂は何だろうか?
視聴者にこの姿を見てくれて楽しんでもらうとしているタレントの性なのか。

旅は終わった・・・183日、8786キロのママチャリの旅





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。