QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年も1/4が終了したけど、今年の目標達成率は10パーセントに満たない結果



具体的な行動を立てないと目的は達成できない



僕は年始に目標・抱負を13個あまりevernoteに書き込んだ。
13個の目標をジーッと眺めて見ると、「半分も目標に向けて何もやっていない。」「なんかズルズルとやっているだけで、目標を達成することはないな。」と自己嫌悪に陥る。
「今年も何も結果を出せずに、終わっていくのか」とまだ3月なのに諦めムードになってしまう。


よくある話だが、僕の妻も「今年の目標はダイエット!」なんて宣言している。
「目標は?」と僕がさらっと聞くと、「3ヶ月で4キロ減量。」と答える。
ここでダイエットをした気になっているみたいだ。
3ヶ月たったけど、何も変わっていない気がする・・・。
目標は具体的だけど、具体的な行動が目に見えない・・・。



当たり前のことだけど、具体的に行動しないと結果は出ない。
年末年始に「今年は自分はこうなりたい。」という願望を抱負、目標に決めた。
「絶えず夢を思い描いていると、夢は実現できる」なんてことはなく、具体的な行動をとった結果が夢の実現に結びついただけだ。


でも、具体的な行動を決めても、なかなか継続できずに諦めてしまう。
人はすぐに結果が出ることに「心地いい」と思い、すぐに結果が出来ないことに「苦しい」と感じる面があるらしい。
「心地いい」と感じると、「またやろうかな。」なんて気持ちになるけど、「苦しい」と感じると、「もうやりたくない。」と行動をやめてしまう。


だから、目標のための行動を継続させるためには、「心地いい」「楽しい」など「快」を感じることが大事だ。
そのような仕掛けを得るための具体的な行動を考えなくてはいけない。


これが難しいんだけど・・・、まだ今年もあと9ヶ月あまりある。


目標を少しでも達成できるように具体的な行動を起こそう!
起こした行動が継続できるような仕掛けも用意しよう。




↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。