QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




タスク管理を始めてやる気が出てきた:ツールは「Toodledo」+アンドロイドアプリ「DGT GTD」で僕のタスク管理



「スマホ時代のタスク管理「超」入門」を読んでからのタスク管理実行

small__1882317616.jpg


佐々木 正悟さんの「スマホ時代のタスク管理「超」入門」を読んで、タスク管理の重要性と私生活に潤いと充実感をあたえるんじゃないかという予感。
これは、タスク管理をしないと損をすると焦った。




そうは言っても、本を読み終えても具体的にどのようにタスク管理でを行ったらいいのか理解できず、もう一度本を読み返した。
とにかく、今、理解できている範囲で、スマートフォンでタスク管理をしようと実行に移すべきだと。



タスクとスケジュールを区別して管理をする。

small__3596406125.jpg


「タスク管理とは何か?」「スケジュール管理とは何か?」を理解することから始まった。

・タスクは、始める日時・時間は決まっていない・分からないが、終わる(終わらせる)日時・時間が決まっているもの。
・スケジュールは、始まる日時が決まっているもので、時として終わる日時が決まっているもの。

と分類して、次のことがタスクなのかスケジュールなのか理解する。

たとえば、僕が「歯が痛い」としよう。
歯医者に行くことが決まっているならば、スケジュール帳に歯医者に行く日時を書き込む。
のちにスケジュール帳を見て、その日時に歯医者に向かう。


次に、「歯に何か違和感」あるとしよう。
まだ、歯医者に行く日を決めていないけど、1ヶ月以内に歯医者に行こうと考える。
タスク管理に、「歯医者に行く」と書いて、「3月31日までに」と書き込む。
モノゴトを始める日時は決まっていないけど、○○までに終わらすってことが分かる。
歯医者に行く日が決まったら、スケジュール帳に歯医者に行く日時を書き込めばいい。


ようするに、タスク管理は、「自分がしたいこと」「自分がしなくちゃいけないこと」を明確にして、「いつまでやるのか」「いつまでやらなくちゃいけない」かの期限を決める。

この点がスケジュール管理とタスク管理の違い。
この点を踏まえて、スマートフォンでタスク管理とスケジュール管理をしてみた。



タスク管理は「Toodkedo+DGT GTD」、スケジュール管理は「Google+ジョルテ」で決まり。

■スマートフォンアプリ「ジョルテ」でスケジュール管理。

仕事の予定とプライベートの予定と区別しないで、自分に関係する予定はすべて入力して、一覧で見えるように。
このすべて見えるってことが重要だ。

もちろん、「ジョルテ」とGoogleカレンダーを同期できるように設定はしておく。
これで、会社でも自宅でもPC上で予定表の確認でき、さらに予定の追加、修正、削除も出来る。
スマートフォンやPCでいつもでどこでも最新のスケジュールか確認できる。
いつでもどこでも最新情報が確認出来るのが重要なポイントだ。

screenshot_2013-03-10_1420.png



■スマートフォンアプリ「DGT GTD」でタスク管理。

「DGT GTD」は、Todo管理ツールの定番「Toodkedo」と連帯できるスマートフォンアプリで、無料で使うことが出来る優れたアプリ。

とにかく、「やるべきこと」があるなら、タスクを入力。これで「やる気がある」「やる気がない」に関係なく、タスクをコナすことに集中できる。

screenshot_2013-03-10_1421.jpg


タスクを入力するためには、自分がやらなくちゃいけない事柄が明確じゃないといけない。

■たとえば「自転車を整備する」というタスクがあれば、もっと突っ込んで考え、複数のタスクに細分化出来ることに気が付く。
「工具を買う」「オイルを買う」「タイヤに空気を入れる」など、ひとつひとつの分かりやすいタスクになる。


■行動のログ記録とモチベーションを保つために、毎日のタスクも「DGT GTD」に入力してタスク管理をしている。

screenshot_2013-03-10_1421_1.jpg



たとえば、タッチタイピングを修得したいと決めて、「毎日15分、タッチタイピングの練習をしよう!」って誓いをたてる。

で、「DGT GTD」のタスクに、

・項目・・・タッチタイピングの練習
・Due Data・・・誓った日を入力
・DUe Time・・・布団に入る時間まで
・Repeat・・・毎日(Every 1 day)
・Context・・・就寝前

って入力。


一日のうち寝る前までに、Life Touch NOTEでタッチタイピングの練習を15分程度する。
忘れないように、タイマーアプリ(Stopwatch and Timer)で15分セットしてから始める。

15分間、Life Touch NOTEでタッチタイピングの練習したら、「DGT GTD」を起動し、「タッチタイピングの練習」タスク項目を指でチェック!
その瞬間に、「タッチタイピングの練習」タスク項目はTomorrowに移される。


毎日、これの繰り返しになる。
行動のログ記録とモチベーションアップに役立つ。


もちろん、「DGT GTD」で「Toodkedo」と同期設定を行う。
そうすれば、PCでWeb上の「Toodkedo」でタスクの追加、修正、削除が出来る。
スマートフォンでもPCでも最新のタスクが確認できるわけだ。


とにかく、タスク管理の重要性と面白さを感じるために、身近な事柄を見つけてタスク管理をしてみた。
タスク管理に「Toodkedo+DGT GTD」が最適かどうかも、検証もしてみたい。
もっと難しいプロジェクトも「Toodkedo+DGT GTD」で管理出来るかどうかも確かめてみたい。


「Toodkedo」が使えそうだ、僕には向いていると判断したら、有料に移行してもいいかもしれない。


タスク管理は難しいアクションかもしれないが、タスク管理の面白さに少しずつ分かってきた。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。