QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




家にいるくらいは花粉に悩まされるのはイヤなので、加湿空気清浄機「パナソニック・F-VXH50-CK」を買う:すっきりレビュー



妻の強気押し切りで、加湿空気清浄機を買うことになる

森林


昨年と比較して花粉の散布量が2倍でも3倍にもなっている今年の花粉シーズン。
1週間ほど前から、僕はすっかり花粉の仕業にグロッキー状態。<花粉で目が痒くてたまらない毎日

妻も花粉症で、6歳の娘も鼻をグズグズしはじめた。

妻は「空気清浄機買おうよ。」「家にいるときくらいは花粉に悩まされたくない」「知り合いが空気清浄機もっているけど、花粉に効くって言うよ。」と押し切りムード。
僕は「・・・」
「じゃ今から買いに行くか!」ってすぐに決断できない僕。
自分のことになるとすぐに行動を起こすのに、自分以外の人が関与してくると、あまのじゃくな性格が出てくる。

で、僕は男らしく、「妻に任せた。僕の意見は聞かないで!」って言い放った。
(男らしくなく、ただ投げてしまったわけで・・・。)



テレビに続いて、メーカー販売員のトークに負けて、パナソニック製を10分で決断、購入!

ジャンケン


あと出しジャンケンって感じだけど、単機能の空気清浄機を買うつもりは僕にはなく、加湿も出来る加湿空気清浄機を買うことに決めていた。(もちろん値段次第だけど・・・。)

冬場、乾燥して喉をやられ、寝て起きると喉がガラガラで声が出来ないことがしばしあり。
妻が「加湿器買おうよ!」って去年の冬にしきりに言っていたなぁ・・・。
僕も妻も喉がやられて、風邪気味の状態が長かったのを思い出した。


ヤマダ電機ではダイキン製品の取り扱いがないので、選べるメーカーはシャープ、パナソニック、日立の3メーカーのみ。
さらに、加湿空気清浄機になると、それぞれのメーカー1機種しかない。
もちろん、部屋の大きさに応じてのバリエーションはあるが、大枠としては1機種しか販売していない。


どうも、空気清浄機は今までシャープのプラズマクラスターひとり勝ちの様相があったので、他のメーカーは積極的な販売をしていなかったのかもしれない。


で、シャープ・プラズマクラスターと対抗のパナソニック・ナノイーから選ぶことにした。(日立は僕の選択の中にはない。)



僕がパナソニックの加湿空気清浄機を選んだ理由



■パナソニックの販売員のトークに納得してしまった。(ここが一番の理由)

■パナソニック製は2012年の製品で、シャープは2年ほど前の製品で型が古い。

■販売員が言っていたが、今中国で一番売れている機種。

■同性能なら、パナソニック製が横幅、奥行きがコンパクト。

■シャープ以外は横吹出し。シャープは前から吸い込んで、後ろから吐き出すという理論に納得いかず。

■2週間前に買ったハイビジョン液晶テレビはシャープのアクオスなので、今度はパナソニック製にしようかという思い。

■加湿用の給水タンクの取り扱いがいい(給水の仕方、タンク内部を洗うのも楽。)


結局、シャープ・プラズマクラスターかパナソニック・ナノイーのそれぞれ1機種しか選ぶことが出来ないので、どちらでもいいかなと言う思いもあり、販売価格にも差がない。

なので、今回は加湿空気清浄機「パナソニック・F-VXH50-CK」に決定!



加湿空気清浄機「パナソニック・F-VXH50-CK」の使い勝手:すっきりレビュー

まず始めに言い切ります。花粉には効きます! 効果はばっちり体感出来ます!


まず、箱から加湿空気清浄機を出す。

DSC_1284.jpg


指紋がつきやすいブラックで艶ありの機体。
お部屋のインテリアとしてはモダンでいいかもしれないが、夏場は暑苦しそうな色。

DSC_1286.jpg


使い方は簡単。
花粉を取り除いて、快適に過ごしたいので、それに対応したモードを選択した。

①運転スイッチを押して運転を始める。
②運転モードを押して、空気清浄を選ぶ。
③素早く花粉を取り除きたいので風量をターボを選ぶ。
④気流をハウスダストを選ぶ。

DSC_1289.jpg

マスクを外して、1時間ほど・・・。

目は痒くなくゴロゴロもしない。
これはもしかして、花粉が除去されているのでは?

鼻は少しグズグズとして鼻水は出るが、苦しいほどではない。
これはもしかして、花粉が除去されているのでは?


空気清浄機が静かに誰に文句を言われることなく、花粉を除去しているみたいだ。
効果のほどを静かに感じる。
これで、家にいるときは花粉に悩まされることはなくなりそうだ。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。