QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




シャープ・アクオス ハイビジョン液晶テレビ「LC-32V7」を無線LAN化:無線LANコンバーター導入



ハイビジョン液晶テレビをネットワークに接続する

今回、ハイビジョン液晶テレビを買うにあたってやりたいことが「ホームネットワークの構築」。


ホームネットワークテレビを簡単に説明すると、『LAN端子を持ったテレビの中で、機器間相互接続方式のDLNA対応したデジタルテレビは、各種サーバ機器に保存されたマルチメディアコンテンツをホームネットワークを介して再生・視聴できる。』

要するに、パソコンのハードディスクに保存されている動画、音楽をネットワークを介して、アクオスハイビジョン液晶テレビで見ることができるのだ。
そのためには、パソコンのアプリがDTCP-IPに対応し、アクオス側にはLAN端子があり、かつDLNA対応であることが条件。


で、買ったアクオス ハイビジョン液晶テレビ「LC-32V7」は、有線LAN端子がありで、DLNA対応。


ここでひとつ小さな問題がある。
アクオスは有線LAN端子しか搭載されていない。
アクオスと我が家の無線ルーターの距離が離れているため、壁と床の角を這ってLANケーブルを走らせなければいけない。
これは見栄え上芳しくなく、子供たちが「何これ?」って感じで足を引っかけるだろう。


メーカーとしてアクオス「LC-32V7」に適応するUSB無線LANアダプターが存在している。(株)バッファロー製WLI-UV-AG300S

ここでひとつ問題が、アクオスのひとつしかないUSB端子にバッファローの無線LANアダプターを取り付ける。
そうすると、外付けハードディスクが接続できなくなり録画が出来ない。
取扱説明書にも書かれてるが、USBハブによる複数機器の接続は出来ない。



無線LANコンバーターを導入して、アクオスを無線化

アクオスを無線によるネットワーク接続はダメなのか?と諦めかけたとき、ブラウザーに「無線LANコンバーター」も文字を発見!

有線LAN接続を無線LAN接続に変換する「無線LANコンバーター」を使えば、アクオスを無線LANに出来るったわけだ!
これで邪魔で美しくないLANケーブルを床に這わせなくていい。


今回、買ったのが「エレコム・テレビ用小型無線機・LAN-PW150N/CV」という製品で、2480円で手に入れた。


パッケージの中身はシンプル。

DSC_1241.jpg


本体には、電源端子、LAN端子が2つ。
アクオスの有線LAN端子とコンバーターのLAN端子のひとつを付属のLANケーブルで接続するだけ。

DSC_1242.jpg


あとは、アクオス側でネットワークの設定をするだけ。

DSC_1245.jpg


これで、アクオスでインターネットに接続が出来た。

DSC_1246.jpg



ここから、ホームネットワークの構築だ。
パソコンの中に保存してある動画を32インチの大画面で視聴して楽しんでやるのだ!










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。